1:ゆき ★:2018/11/04(日) 14:06:29.58 ID:CAP_USER9.net
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181103/k10011697641000.html?utm_int=news-social_contents_list-items_010

東京 世田谷区にある都立病院の精神科に入院していた50代の男性患者が、先月31日に職員と一緒に外出した先で行方がわからなくなり、3日後の3日、福岡市内で発見されました。東京都は男性がはぐれた時の詳しい状況を調べるとともに、再発防止に取り組むとしています。

東京都によりますと、先月31日の正午すぎ、統合失調症の治療で都立松沢病院に入院していた50代の男性患者が、退院に向けた準備で都内のグループホームを見学するため、病院の職員2人とともに外出した際、葛飾区内の駅で職員とはぐれ、行方がわからなくなりました。

都は警察に捜索願いを出していましたが、3日後の3日午後4時半ごろ、この男性が福岡市内の駅前で立っていたところを地元の警察が見つけ、無事が確認されたということです。

都によりますと、男性はおととし、通りすがりの人を殴ってけがを負わせたとして、医療観察法に基づき松沢病院に入院していたということです。


※全文はソースで