1:名無しさん@涙目です。:2018/05/26(土) 12:32:57.74 ID:S+CJB4ip0


2018年5月24日、鄭州晩報は、「駅で1歳の娘とはぐれた」と捜索届を出した母親の様子を見た警察官が不審な点に気付き、母親が5万元
(約85万円)で娘を売っていたことが発覚したという事件を伝えた。

河南省鄭州市公安局の鉄道駅分局は、現地時間21日午前6時32分に「昨日の午後8時に鄭州駅西広場で1歳7カ月の娘とはぐれた。探してほ
しい」という女性からの通報を受けた。そこで捜査チームが現場の聞き込みや防犯カメラの映像などから女児の足跡をたどり、駅やバスターミナルで捜索を行った。

しかし、懸命の捜査にもかかわらず手がかりがほとんどつかめず。不審に感じた警察官は徐々に通報者の母親の様子を疑い始め、「どう
して10時間もたってから通報したのか」「家族は娘がいなくなったことを知っているのか」「昨晩はどこに行っていたのか」「まさかうその通報ではないか」などと母親に問いただした。

警察官が情報データベースを調べたところ、母親が20日午後8時17分ごろに駅から離れた場所にある火鍋店で食事をしていたことが発覚。
さらに、20日昼には4万9900元(約85万円)あまりの金額が女性の銀行口座に振り込まれていたことが分かった。
http://www.recordchina.co.jp/b603474-s0-c30-d0135.html