SFの世界でしか存在しなかった兵器「レーザービーム」がいよいよ実用化されそうだ。イスラエルの民間軍事会社がレーザー砲「アイアン・ビーム」を開発し、2月中旬に開かれた「シンガポール航空ショー」で各国政府や防衛産業の関係者を前に公開したのだ。これまでの実験では標的の迎撃成功率は90%以上で、イスラエル国防省は来年中に実戦配備する計画。これとは別に米軍が独自に進めるレーザー兵器開発も大詰めを迎えている。ミサイルや砲弾と違い、文字通り「光速」で一瞬にして相手を破壊・撃墜する新兵器の実用化で、世界の防衛システムは大きく変わることになる。

全文はソースで
http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/140227/waf14022712240013-n1.htm

ミサイルの脅威から守ってくれる、こういった防衛システムの発展は嬉しいですね。


■関連記事
米陸軍、車載式レーザー兵器「HEL MD」の試験に成功
防衛省が開発した兵器が凄過ぎる
ロシアのダミー兵器がすごい






ミサイル防衛システム「アイアン・ドーム」





人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する