1:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:18:51 lna
創作と思うか釣りと思うか実話と思うかは任せる
俺は昨年の5月にまさに5月病というものにかかった
それも重度のもので、今まで頑張って積み上げてきたものを、
すべて崩して俺は逃げ出した。

まあ簡単に言うと仕事をバックれました。

とりあえず一週間はケータイの電源を切って、会社から連絡が来ないようにした。
訴えられる恐怖とかにふるえていたけど、特に何もなかった
2:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:19:58 dSh
俺もやりてーなぁ
3:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:20:46 hWQ
去年かよ


4:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:21:05 lna
とりあえず3ヶ月は楽に暮らしていける程度のわずかな貯金はあったので、
この際フラッと外に出てみようと思った。
でも旅行するのは億劫だし、
昼間に出歩いて元職場の人たちに会ったらやばいと思ったので、
必然的に出歩くのが深夜になった
5:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:21:14 f12
ふむ
6:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:22:35 lna
そんでまあこういう状況になると、
普段何気なく怖いと思っているものに対して、
一切の恐怖がなくなるというか、
何を思ったのか俺は真夜中に山登りをすることにした。
理由は特にない、一人というものを感じたかったのかもしれない。
適当にネットで探していると、頂上から市内の夜景が一望できるという山を発見
とりあえず登ってみることにした。
7:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:24:07 lna
チャリを漕ぐこと1時間で目的の山に到着した。
しかしかなり暗い、チャリのライトを外して、
懐中電灯代わりにすることにした。
登ること20分ほどで頂上へ行けるほど小さな山だったが、
そこからの夜景は本当に綺麗だった。
こんな穴場があったとはと驚いたほど、
しばらく夜景に見入っていると、地面を踏み歩く音がした。
8:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:25:43 f12
真夜中に山とかこえーわ
9:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:25:51 Auv
天狗にでも会ったかい?
10:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:27:21 lna
思わずライトで照らすとそこにいたのはおっさんだった。
50歳は行ってそうだった。

「あ、すみません」

謝ってまた夜景を眺める。
するとおっさんは

「こんなところでなにしてるんですか?」

と俺に聞いてきた。
しばらく人と話してなかった俺は、
何故かこのおっさんに、ここ数日間で起きた出来事を語っていた。
11:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:30:06 lna
するとおっさんはお返しにと言わんばかりに、
自分語りをしてきた。
24歳の娘がいること、嫁は他界してるとか、
ペットの犬がいるとか、

本当は娘と一緒にこの夜景を見に来たかったけど、
いい歳して父親と出かけたくないと言われたこととか、

それを聞いて思わず「中学生みたいですね」と笑うと

「まったくですね」とおっさんも笑いながら返してくれた。
12:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:30:50 f12
なんかええなあ
13:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:33:51 dSh
羨ましい…
14:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:34:11 lna
時刻はすでに0時を回りかけていたので、
「明日も早いでしょうし、降りましょうか」
と言うと、おっさんはまたも笑いながら「
「明日は日曜日ですよ」
と言った。

仕事をやめてから曜日感覚が思い切り狂っていた
15:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:34:25 gIY
色々と放り投げたくなる時ってあるよね
16:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:35:25 T3E
今から山行こうかな
17:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:35:59 FzO
ほう
18:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:37:33 lna
「おいくつですか?」

唐突におっさんに聞かれた

「26ですよ」
「じゃあ僕の娘と近いですね、本当は息子が欲しかったんです」

とおっさんは語り始めた。
虫取りに連れて行ったり、キャッチボールをしたりしてみたかった、と

「僕もよく小さい頃はオヤジに連れられて虫取り行ってましたよ」

そこでふと思った。

「この山ってクワガタとかカブトはいないんですかね?」

それからおっさんと俺は何故か必死で昆虫採集をしていた。
19:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:38:06 f12
なんかほのぼのするな
20:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:38:49 lna
しかし必死で探したのに見つかったのはコガネムシだけだった

よくよく考えたらまだ5月だった

俺とおっさんはそれに気づいて大笑いした

もし近くを通った人がいたら、
天狗が笑ってるとか思ったかもしれない。
21:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:39:19 g0X
おっさんとにいちゃんが
深夜に山で昆虫採取

こわい
22:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:40:53 4qN
邦画のワンシーンみたいだね
素敵
23:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:48:25 f12
みてるぞ
24:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:49:15 AaW
はよ
25:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:50:02 lna
笑いながら「息子ってこんなかんじなのかな」というおっさん

「きっとそうですよ」

と返した

この頃にはすでに時間は2時を回っていて、

さすがにお互い帰ろうと話した。

登山口のところでおっさんは俺に電話番号を書いた紙を渡してくれた。

もし何か困ったりしたら父親だと思って連絡しなさい。と
26:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:51:20 OC9
面白い
27:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:51:46 lna
それから数週間、
俺は働こうとしては諦めていた。
また同じ目にあったらどうしようとか、
上司の嫌がらせがあったらどうしようとか、
そんなこんなで職探しを怠けていた。
28:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:52:38 6kI
似たような話見たことあるな
29:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:53:31 ugD
ええやん
30:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:57:13 lna
気付けば貯金はあと1ヶ月分
これ以上は持ちそうになかった。

ふと、おっさんの連絡先を書いた紙を思い出す。
31:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:58:24 f12
3行描くのに6分かけてるところから創作臭がするけど読む
32:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)01:59:26 lna
そうだ、連絡してみよう。

俺はおっさんに電話をかけた。

「おかけになった電話番号は、現在電波の届かないところにあるか、電源が入っておりません。」
















終わり
33:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)02:00:08 T3E
>>32
そんな
35:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)02:00:21 dSh
おい





















おい
36:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)02:00:24 ypA
なんじゃこりゃあああああ
37:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)02:00:32 gIY
えぇ~
38:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)02:00:38 f12
は?
ガチで終わり?
39:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)02:00:42 4qN
二度とかけなかったの?
45:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)02:03:09 VPm
オチが分からぬ
心霊or嘘電番
46:名無しさん@おーぷん:2015/05/18(月)02:03:35 T5e
あ、実は意味怖だったの?
深夜徘徊にハマってとある人物と仲良くなった話
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1431879531
人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する