2: ローリングソバット(福島県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 19:55:12.85 ID:DQXgwvrL0.net
あれ?つまり年々髪の毛の量が変化している奴は勝ち組なの?
6: 稲妻レッグラリアット(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 19:56:08.14 ID:v07XV8AJ0.net
>>2
それは退化
9: 張り手(静岡県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 19:57:09.39 ID:lUkJ4Z7O0.net
>>2
髪があれば剃るという変化はできるが、髪がなければ変化はできない。
7: タイガードライバー(関東・甲信越)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 19:56:29.54 ID:698lhQT7O.net
俺はあと2回変化できる


12: 栓抜き攻撃(大阪府)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 19:59:46.77 ID:OkYfL6Sk0.net
進化論とか知らんけど
状況に臨機応変に対応できない奴は仕事できないってのは正しい
21: サソリ固め(京都府)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:03:01.08 ID:o/M2kh/n0.net
>>12
そう言ってデフレしていったからな。安心したいんだろうけど、そう簡単ではない。
90: キャプチュード(愛知県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:08:24.49 ID:KeBEmCkJ0.net
>>12
「高度の柔軟性を維持しつつ臨機応変に対処することになろうかと思います」
29: ムーンサルトプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:08:23.48 ID:fAkj/vSA0.net
>>12
適応することばかり考えてると気がつくと相手の有利な
条件でばかり戦い自分の強みを生かせなくなるよ
182: キチンシンク(愛知県)@\(^o^)/:2016/01/12(火) 01:29:41.27 ID:dlT7A45b0.net
>>29
賛同です!
変化させる対象は自分自身でもあると同時に
自分の居る環境を代えれるか変えれるということでもある!



ちょっとスレタイ読んでくる…
15: エルボードロップ(庭)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:00:59.01 ID:/jBE/D8M0.net
「環境の変化に順応できる種族こそ生き残れるのです」だろボケ
19: ムーンサルトプレス(庭)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:02:45.38 ID:q5hUT7IQ0.net
一世代で変化できるほど生物の順応性は高くないから環境適応は子孫を残すくらいしか手段がない
22: リバースネックブリーカー(チベット自治区)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:03:53.95 ID:iZGfCKxy0.net
子孫を残せない俺たちには関係ない話だな
23: ミラノ作 どどんスズスロウン(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:05:04.89 ID:jeGAq9/e0.net
「変わらないために、変わる勇気を」ってヤツだな
24: フェイスロック(兵庫県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:05:02.64 ID:B1NU80PR0.net
近代トルコも中国も変化できないから落ちぶれただろ。
生物だけでなく、国家、企業、スポーツ、芸術にまで当てはまる。
26: ムーンサルトプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:06:54.39 ID:fAkj/vSA0.net
自分はむしろ自分の土俵から降りないことも大事だとおもってる
自分から変わるっていうのは、むしろ受け身だとおもう
28: ヒップアタック(dion軍)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:08:04.30 ID:8iLPYz4b0.net
変化と言うより、多様化して、種類が増えて
クジ運が良ければ生き残る。
31: ムーンサルトプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:10:00.12 ID:fAkj/vSA0.net
日本人なと、適応することは得意だけど自分たちで自分の大学や
能力が最大限いきるルールに引き摺り込むとかができてないようにおもう

スキーのジャンプや柔道の国際化なんかがいい例だけどね
自分が変わることばかり考えるのも危険
36: ムーンサルトプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:12:58.24 ID:fAkj/vSA0.net
人間は適者生存ではなく、むしろ環境や状況を自分優位に引き込むことで
生き残るケースが多いようにおもう

自分のテリトリー、自分の間合い、自分の生き方を
相手にも要求できる人の方が強い
37: ショルダーアームブリーカー(兵庫県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:13:09.97 ID:LJJgI1aR0.net
農薬撒いた結果耐性のある個体だけ生き残って子孫に受け継いできてるだろ
はい論破
38: スパイダージャーマン(大阪府)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:13:50.70 ID:Dw81z1kz0.net
宿主が死んだ寄生虫ことニート無職は

変化しないと死ぬわなw
44: ムーンサルトプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:18:04.70 ID:fAkj/vSA0.net
>>38
自分はむしろ逆だなとおもうよ、社会適応にこだわると
社会適応をまぬがれることができる人間に振り回される
42: ムーンサルトプレス(SB-iPhone)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:16:15.92 ID:fAkj/vSA0.net
仕事でもスポーツでも、自分から適応にいくよりルールや慣習のほうが
自分に合わせるべきと思える人間のほうが勝つ、人間の世界では自由より
強いものはない
45: ラ ケブラーダ(京都府)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:18:10.87 ID:iylv2I940.net
100個卵産んで生き残るのは1、2匹とかよくいるけどこのうまい具合に
バランスとっちゃう確率はどっから湧いてくるんですかダーウィン先生
49: かかと落とし(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:27:06.10 ID:My1Td2rD0.net
>>45
バランスとれなかったのは滅んだだけ
46: フロントネックロック(dion軍)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:21:08.82 ID:IG06bl8b0.net
変化したって適者になれるかはわからんけどね
47: ハーフネルソンスープレックス(茸)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:24:14.28 ID:pJw4v2Wr0.net
僅かな変化には対応出来るかもだけど、進化なんてしないよ。

キリンは生き残るために首が長くなったとかのファンタジーを本気で信じているヤシいるのかw
キリンに関して言えば、たまたま首の長い種が生き残っただけのこと。
これが現在の定説な。
52: ランサルセ(愛知県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:29:22.14 ID:E6I4+gXO0.net
>>47
ギガントピテクスは食性を変えられなかったから絶滅したってのも最新の学説であるけどな
55: ボマイェ(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:32:32.83 ID:0NkMMTPD0.net
>>47
人は自然が相手でも「何のために」を求めるんだな
どんなに研究しようと「どのようにして」しかわからないのにな
51: ドラゴンスープレックス(dion軍)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:28:53.04 ID:VkT4D/AT0.net
運がいい奴だけが生き残る
53: 超竜ボム(青森県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:29:21.81 ID:c+vK1GIW0.net
現状に最適化してるような奴は滅ぶって話
他に比べ優位であるからこそ
状況が変わると対応することが出来なく駆逐される
77: 毒霧(千葉県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:51:01.53 ID:7uG1hRSN0.net
>>53
現状に最適化・優位だと
なんで変化するとついていけなくなるんだよ?
論理立てて説明してくれ
94: 超竜ボム(青森県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:13:16.07 ID:c+vK1GIW0.net
>>77
温かい地球に最適化して大型化した恐竜は
環境変化によって滅んだ
結局、彼らの仲間で生き残ったのは
大きくならなかった小型の爬虫類や鳥の祖先だけ
99: 毒霧(千葉県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:21:55.34 ID:7uG1hRSN0.net
>>94
それ恐竜に限った話じゃん

もっと全体的な話をしてください。
105: 超竜ボム(青森県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:37:09.08 ID:c+vK1GIW0.net
>>99
今の環境に合わせて長所だけ発展させていくと
環境変化によってそれが弱点になるってことだよ
生物は1日で羽が生えたり、小型化したりなんて出来ないのだから
度々ある急激な環境変化では結果的に滅ぶしかない
108: 毒霧(千葉県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:39:36.42 ID:7uG1hRSN0.net
>>105
普遍的に言えることじゃないよね
たまたま恐竜が滅んだだけで

次の環境変化で小型生物が滅ぶかもしれないよね

結果論でしかものみれてないんじゃないの?
119: 超竜ボム(青森県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:54:51.43 ID:c+vK1GIW0.net
>>108
今も進行中で小型生物だって大型生物だって滅んでいますよ
123: 毒霧(千葉県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:57:51.28 ID:7uG1hRSN0.net
>>119
最適化した生物が変化についていけないってのと
大型生物が滅ぶのって関係ないじゃん

最適化した生物が変化についていけないってのを
論理的に説明してよ
126: 超竜ボム(青森県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:59:13.30 ID:c+vK1GIW0.net
>>123
今の環境に合わせて長所だけ発展させていくと
環境変化によってそれが弱点になるってことだよ
生物は1日で羽が生えたり、小型化したりなんて出来ないのだから
度々ある急激な環境変化では結果的に滅ぶしかない
129: 毒霧(千葉県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:02:10.44 ID:7uG1hRSN0.net
>>126
それなら小型化した羽が生えた生物は最適化ってこと?
君が言う「最適化した生物は変化についていけない」ってなら
次は小型化した羽が生えた生物が滅ぶの?
133: 超竜ボム(青森県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:07:53.55 ID:c+vK1GIW0.net
>>129
なんで小型化した羽が生えた生物は最適化という話になるの?
環境に適応することと、その環境でしか生きられないよう進化した最適化とは話が違うよ
134: 足4の字固め(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:08:35.30 ID:iSp2U2nn0.net
>>129
最適化というか、「特殊化」だな。
大抵の食物連鎖の上位の生物は特定の環境(住処、食物)に強く依存している(これを特殊化という)ので、
環境の変化に弱いという法則がある
54: ラダームーンサルト(愛知県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:30:11.85 ID:vb5tCZJI0.net
環境に適した変化ができた者だろ。
所詮生物は遺伝子という自己複製子をいかに多く残すかというゲームの駒でしかない。
57: ムーンサルトプレス(愛知県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:35:09.23 ID:D2Ik9TGQ0.net
生存競争って温いよね。
明らかに生存に不向きなほど巨大化した角を持つ鹿が生き残るんだから。
82: 閃光妖術(チベット自治区)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:59:11.30 ID:PYgGH2Eg0.net
>>57
ツノが大きいオスが、メスに選ばれ続けてそうなった

邪魔なツノを持っててもなお捕食者から逃れて生きていられるオスは優秀ってことになる
ツノが小さい方が個体としては生きやすいが、メスから好かれないので子孫を残せない
101: サソリ固め(京都府)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:26:54.29 ID:o/M2kh/n0.net
>>82
邪魔ちゃうわ。お前野生の鹿見たら、それだけで小便漏らすわ。無数に枝分かれして
自分の体より大きくて、重いからか悠然と歩くしwこわいわまじで
58: ドラゴンスープレックス(中部地方)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:35:39.72 ID:mhnB8kl30.net
オオサンショウウオさんに喧嘩売ってんのか?
ああ?
61: フロントネックロック(dion軍)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:37:28.44 ID:IG06bl8b0.net
適者になれるかどうかは次の世代じゃないとわからないでしょう
1代でも適応できる事もあるし数代何千年もかけなきゃダメな場合もある
やっぱ運だね
62: アトミックドロップ(茸)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:37:30.29 ID:cV47T0HD0.net
いや、常に色んな(変な)奴が一定程度混ざっていて、環境が変わっても、その中の変な奴一部がたまたま残って、
その特性を持った集団が多数を占めるようになるまで増えた結果、あとから見ると適合したように見えただけの事。
残った奴は、自身の変化によって残ったわけじゃないだろ。クジに当たった感じ。
63: ウエスタンラリアット(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:38:01.90 ID:hA7+XWHY0.net
変化に取り残された方が生き残る事もある
変化に対応すれば良いというわけでもない
環境に適応しすぎて進化した恐竜は生き残れなかった
64: フロントネックロック(dion軍)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:39:07.22 ID:IG06bl8b0.net
やっぱ運だよな
65: フロントネックロック(dion軍)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:40:59.30 ID:IG06bl8b0.net
環境変化が激しいと衰退しかけていた種が優位になったりするんだろうな
面白いね
69: キチンシンク(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:43:31.88 ID:I2FdU2pF0.net
変化しなくても生きていける。
自然淘汰勉強し直せ
70: エルボーバット(神奈川県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:44:57.79 ID:oV6H2z6q0.net
まあだいたいあっている

全部がそうなると思ってはいけない
平均するとそうなる
だから例外もいることも頭に入れておけばいい
74: ジャンピングカラテキック(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:48:01.16 ID:2tyqF08A0.net
ダーウィンの進化論は真髄だな。
変化を嫌う奴は絶対に生き残れない。
81: ボマイェ(茸)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 20:54:47.14 ID:4PNOCeFP0.net
進化論的には本人が変化してるわけじゃなくてたまたま環境がそいつに有利なように変化しただけだろ
いい加減なこと言うな
83: ランサルセ(愛知県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:02:38.25 ID:E6I4+gXO0.net
近代になると人間に都合のいい性質や形質をもった生物が生き残るようになったしな
84: フォーク攻撃(大阪府)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:02:54.58 ID:QI6a38N+0.net
生物の進化は単なる自然淘汰だけど
比喩としての意味なら状況変化に対応できる奴が生き残りやすいのは事実だな
86: キングコングラリアット(dion軍)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:04:13.72 ID:CKF8oo860.net
でも体温維持に有利な羽毛が空飛ぶ要素になったのは環境関係ないよな
88: ファルコンアロー(茸)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:06:01.40 ID:n5mqYbOL0.net
生き残るために変化してなめくじみたいになったとして それは生き残ったと言えるのだろうか
91: ラ ケブラーダ(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:09:44.81 ID:fPb/0Gay0.net
ニートが自分は変化できる強者だとか変化しない強者だとか息巻いててワロタ
102: TEKKAMAKI(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:29:36.68 ID:H4zV9/DN0.net
>>1
それ個体レベルの話じゃないから。「者」はおかしい。
あとそれダーウィン自身の言葉じゃないよ。
106: ハイキック(新潟県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:38:48.86 ID:yZ6pJhNi0.net
オオカミの絶滅した日本では、鹿が増殖を続けて食えるだけの草を食って
食料がなくなって絶滅するんだろうな
107: 河津落とし(千葉県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:39:04.97 ID:V0LT3+EY0.net
生き残った奴同士が結ばれて、適応できる特徴を持ったのが種族として増える
109: 断崖式ニードロップ(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:40:39.27 ID:hzQWCYoV0.net
会社でも変化に対応できないと一瞬でオワコン化するからな
DHCが化粧品に手を出して成功したのがわかりやすいだろ
110: アルゼンチンバックブリーカー(静岡県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:42:16.78 ID:FCNBMYsX0.net
恐竜ってなんで大から小まで全部いなくなっちゃったんだろう
141: 足4の字固め(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:16:47.13 ID:iSp2U2nn0.net
>>110
現在まで生き残ってる恐竜を人間が「鳥」と呼んでいるだけなのです
121: 超竜ボム(青森県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:56:13.26 ID:c+vK1GIW0.net
>>110
でかいのは絶滅したけど、小さいのは鳥になったよ
147: アルゼンチンバックブリーカー(静岡県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:27:20.57 ID:FCNBMYsX0.net
>>121
生き残ったのは全部鳥になったってこと?
歩行形態の小型恐竜は滅んじゃったのに
149: 足4の字固め(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:30:06.49 ID:iSp2U2nn0.net
>>147
中生代末期の絶滅イベントでは飛行できたほうが都合が良かったんだろうな。
154: マシンガンチョップ(千葉県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:33:29.06 ID:MJKUARWW0.net
>>147
むしろ6500万年前の大異変では陸上ではネズミやちっちゃい鳥以上の大きさの動物は生き残れんかったんじゃね
155: 足4の字固め(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:35:11.31 ID:iSp2U2nn0.net
>>154
最近はまじで恐竜は「一属だけ」が偶然生き残った だけで、 羽が生えていたかどうかはタマタマ という説もあるそうです。
ほとんどの恐竜がかなり食性が特殊化していたらしい
111: ムーンサルトプレス(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:43:06.88 ID:VQW7kU880.net
当たり前
変化出来ないものには何の可能性もないもの
120: エクスプロイダー(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:55:27.44 ID:8KczEGJS0.net
たまたま環境に合うように生まれた個体が生き残るだけ
ダーウィンは生まれたあとの努力の話はしてない
しかも自然界限定
社会の中の生き残りは、その後の社会進化主義者が作った話
125: 毒霧(やわらか銀行)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 21:59:01.30 ID:fupAv/kf0.net
ダーウィンですら未だ創世記的設計主義から逃れられて居ない
真実はたまたま残った者が残って居るだけなんだよ
162: タイガースープレックス(チベット自治区)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:40:10.05 ID:6xk37zKR0.net
原因と結果の導き方が間違ってる。
「変化した(原因)から生き残った(結果)」じゃなくて、
「生き残れた(結果)理由は、変化に対応できた(原因)からである、と結論付けた」
と言うこと。>>125と同じ意見。
164: 足4の字固め(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:42:42.34 ID:iSp2U2nn0.net
>>162
偶然しかないとすると、似たような偶然が起こりすぎているのが生命の進化史を学問が取り扱う理由の1つでもある
198: ドラゴンスクリュー(茸)@\(^o^)/:2016/01/12(火) 06:56:39.10 ID:/hoh8z/W0.net
>>162
生き残ったものが環境に適応したからかどうか、は厳密に考えたらわからん場合もある
しかし、変化しないものが変化した環境に適応できないのは事実だ

それまで海だった場所が陸になれば、当地で海に適応していただけの種は滅びる
陸になった場所で生き残った種が、本当に変化して環境に適応したかはわからなくてもね

テーゼの否定になってないな
204: ミドルキック(山梨県)@\(^o^)/:2016/01/12(火) 07:40:32.23 ID:wgfQAjO10.net
>>198
環境に適応して生き残った者が環境に適応した者なんだよ。
変化しなくても変化しても適応してれば何でもいい。
生き残った者が勝者。

だが生き残ったからといって全てにおいて優れているとは限らない。
127: カーフブランディング(dion軍)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:00:26.44 ID:v5MSC0GX0.net
ゴキブリは凄いよな
132: キングコングニードロップ(三重県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:07:45.59 ID:Lyg95SOP0.net
小さな変化の中では適応という名の進化で生き残る。これで間違いではないな。
が、四度の大絶滅から生き残った種は適応とか全く関係ない。運でしかない。
136: 足4の字固め(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:10:11.77 ID:iSp2U2nn0.net
>>132
厳密な意味で種としてそんなに長く生き残った生物種はいないよ
もっと上位分類の「門」レベルとかならいるけど
137: 超竜ボム(青森県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:11:27.48 ID:c+vK1GIW0.net
>>132
ただ基本的にでかくなりすぎた奴は大絶滅で滅んでいるね
小型の方がサイクルが早いから
いろんな子孫を残す可能性があるからだろうけど
139: 頭突き(青森県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:12:58.82 ID:7QfBDhLp0.net
人間もそろそろ羽が生えるとか、光だけで生きていけるとか進化しないのかな
140: 足4の字固め(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:15:31.68 ID:iSp2U2nn0.net
>>139
技術でなんとかしちゃうし、むしろ生物種としての人間の嗜好は既存の形質を洗練することにあるので、
そういう進化はしないと思う。
肌が緑色だったり羽毛が生えてたら子供残しにくいだろ 見た目的に
144: 閃光妖術(チベット自治区)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:23:03.81 ID:PYgGH2Eg0.net
>>139
人間が羽根を生やすのは構造的に無理だと言われてるな
天使みたいに背中から生やすにしても、コウモリや鳥みたいに手を変化させるにしても
どっちにしろ全身を大改築しないと飛べるようにはならない
146: 足4の字固め(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:26:47.45 ID:iSp2U2nn0.net
>>144
カンブリア紀の節足動物見て「こいつらが羽生やすのは無理」と俺は言ってしまいそう
142: ミッドナイトエクスプレス(山梨県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:22:17.87 ID:JV4l5HH/0.net
ダーウィンって荻野博士の状況に近い。
荻野博士は月経日から排卵日を逆算して求めることが出来るという学説を出したが
勘違いしたやつが前の月経日がわかれば次の排卵日を予測できると曲解した。

ダーウィンもその環境に適応した者が適応出来た者という当たり前のことを言ったが
進化や変化したり優秀な者が環境に適応すると曲解された。
148: マシンガンチョップ(千葉県)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:30:04.09 ID:MJKUARWW0.net
ほとんど進化しないで何億年も生き残ってるゴキブリは、環境変化の中で生き残れる生物の完成形なのかもしれんな
151: ラダームーンサルト(東京都)@\(^o^)/:2016/01/11(月) 22:31:19.11 ID:nOx+iCVv0.net
各個体が変化して生き残ったわけじゃないよな。
多様な子孫が生まれ、その中の一部が生き残っただけで、親から変化したのに
絶えた個体も数多くある。
ダーウィン「唯一生き残るのは、変化できる者である」←これは正しいの(・ω・)?
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1452509657
人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する