1:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:11:12 iEq
北海帝国1016年 - 1042年
イングランド王がノルマン王、デンマーク王の王位を継いで誕生した国家
名前と領域がかっこいい

2:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:20:09 yTi
デーン人のお話か、と思ったらその後のことか?
4:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:21:21 iEq
>>2
イングランド王国成立後やで


3:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:20:12 iEq
アンジュー帝国



侵略と政略結婚でこぎ着けたイングランドの帝国
ジョンが戦犯
5:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:22:39 uWl
ここから全世界の陸地の4分の1を支配するまでに成長するのか…
8:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:24:39 iEq
>>5
今ちょっとした(本当にちょっとした)イギリスの歴史読んでるんだが
クソみたいな貧乏国家なんだよな…元からなんだけど>>3から内乱だったり百年戦争でさらに貧乏に
それが切っ掛けで王が公爵達に金を無心するようになって、その決定機関として議会政治が発達するという面白い変化をするw
6:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:22:58 MUc
ヴェネツィア共和国
1300年続いた共和制最長国家
擬似的にだが政教分離できていたり当時の実質的基軸通貨を発行していたりと
中々都市国家なのにすごい
7:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:24:35 2YB
>>6
ベネチアって昔は国だったんだ
10:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:25:54 MUc
>>7
そうだよ
しかも都市国家なのに西洋一の経済大国だった時期もある
陸軍は脆弱だけど海軍はかなり強い
13:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:31:34 2YB
>>10
領土内にバチカン市国があったりイタリアって一つの国家じゃなかったんだな
19:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:40:08 MUc
>>13
教皇庁と都市国家郡で争ってイタリア半島は長い間過ごしてきたから
イタリアに統一されたのはかなり後になってからだよ

都市国家の中でもフィレンツェとヴェネツィアはかなり大きい方
フィレンツェはメディチ家の僭主制だったけどヴェネツィアは長いこと共和制を保ってきた
貴族政治ではあるけど貴族でも棒給は出ないし急を要する時に議会が手間取るような時は
十人委員会っていうある種の寡頭政治体型に変化することも出来た
今でも続いているものとしてミラノコレクションとかがある
これは当時パリよりもヴェネツィア共和国属州のミラノの方が文化的に進んでいてファッションショーを行えるだけの余裕があったから
9:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:25:47 SMN
イングランド王が~ってーと抵抗あるな
確かにクヌーズはまずイングランド王になったけど元々はデンマーク王スヴェン1世の子供
デンマーク王家が征服しまくったってーのが正しいだろ
11:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:27:54 iEq
>>9
そうだな、確かに
何かこの時代、支配関係って結構適当よね…
12:杖刀人 ◆gvmUi2VapE:2016/03/07(月)00:30:20 2VW
神聖ローマ帝国とかいう神聖でもローマでもない国
14:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:33:07 P5X
カルタゴ
BC820年頃~AD698年頃



戦争に象を使い、アルプス越えをしちゃうあたりすごい。

15:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:33:13 iEq
シチリア王国1130年 - 1816年
ノルマン人(ノルウェーの人)がまさかのイタリア南部まで来てイスラムから再征服した土地にできた国家



地味に長いこと持ってる
16:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:35:25 tKN
スケール違いすぎるけど山城国一気で成立した国
班田収授法とかいう共産主義みたいなことしてるニホン
かっこいいおじさんに国の半分もらったイタリア
17:らんらん ◆SSSSSSSSSSwl:2016/03/07(月)00:36:59 kRu
蝦夷共和国

一瞬だけだけど存在した旧幕府軍の政権
1869年1月から1869年6月まで存在した
ただ独立宣言とかは特にしてなかったらしく
国と呼んでいいのかすら怪しいかも
ただ英仏が事実上の政権と認めた事もあり無いことにはされた旧幕府の夢のカケラである
18:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:39:25 iEq
エチオピア帝国1270年 - 1975年
ソロモン朝とかいう格好いい王朝
最後の皇帝ハイレ・セラシエは軍事クーデターで倒れる
その後の悪政で今みたいに

22:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:44:29 P5X
>>18
せっかく長く続いた国なのにもったいないよね。
25:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:45:51 iEq
>>22
ほんとな
アフリカはマジな残念国家が多い
20:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:42:44 iEq
イタリアは今でも南北格差凄いらしいな
地力の差が元々あったせいか

そう思うとビスマルクってスゲーわ
21:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:43:52 MUc
後は奢侈禁止令を出すような教会を隅っこに排除出来ていたからかな
ヴェネツィアの国教はキリスト教ではあるけど教皇庁の人事権はほとんど及ばなかったから

>>20
ヴェネツィア商人とジェノヴァ商人の気質を比べるとその辺は面白いよ
25:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:45:51 iEq
>>21
そなのね、比べ方が分からんけどw
29:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:49:41 MUc
>>25
貿易の仕方が全く逆
ジェノバは一攫千金型とでもいうのかやっつけな所が目立つ
対してヴェネツィアは刻んで刻んで保険をかけて確実性を重要視するタイプ
23:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:44:43 IN0
シーランド公国
そろそろ滅亡しそう
24:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:44:47 2UY
ヴェネツィアはコンスタンティノープルすら陥落させてる
29:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:49:41 MUc
>>24
そのときの戦利品でヴェネツィアは飛躍できたとも言えるね
聖マルコの聖遺物を持ち帰って物に信仰を集めることで教皇庁の権力を削ぐ一因にもできたしね
27:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:46:49 2UY
個人的には国とは言いがたいがソワソン管区を推す
西ローマ帝国最後の灯でありこれをフランク王国が吸収したことによりフランク王国があそこまで成長できた
だからこの辺はある意味中世のその後を決定づけたと言っても過言ではないよ
30:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:50:06 IN0
スパルタ
貴族の教育が奴隷の財産を略奪する事等
強くて奪う事に馴れた軍人で構成される国家を目指した
当然、怠けたがる人間の性が勝利し、アテネと戦い続ける事は出来なかった
31:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:50:07 iEq
ボツワナ1966年-

国父セレツェ・カーマの尽力で唯一マトモに民主主義が機能してる国家
人口爆発も起きず、治安も半端無く良いバランスの取れた国家
しかし、最近エイズのせいで平均寿命が25も下がる悲劇を経験してる

36:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:52:47 8qq
>>31
確かにボツワナかっこいい
39:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:53:49 P5X
>>31
やるおのボツワナの歴史を見てすごく感心した。
こういう国となら協力し合いたいよね。
93:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)02:05:58 iEq
やる夫はアフリカで奇跡を起こすようです (8:22) http://nico.ms/sm26938200
>>39の言ってたやつ
セレツェ・カーマの伝記っぽく、やるおSSらしく脚色盛々だけど分かりやすい(ちょっと長い)
37:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:53:28 MUc
アフリカ特集ならロバート・ムガベ君出るかなわくわく
38:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:53:44 iEq
>>37
君が書くんやで(ニッコリ〉
40:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:54:54 MUc
>>38
ムガペ何人目?っていう陰謀論とハイパーインフレしか知らない(/ω\)
41:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:57:58 iEq
>>40
ワイも余り知らない()
初めは善政敷いてたんやけど、白人との協調路線捨ててから暴政働くようになって色々やらかしたッて感じかな
影武者は知らんが前コケた姿の報道を禁止したとかなんとか、老い先は短いんかねぇ
44:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:01:08 MUc
>>41
あんな状態なら老い先短いほうがみんなの為
白人との協調路線捨ててってあたりから若い頃経済学を修めたムガペが本当にやるかなぁっていうのが
何人目?って陰謀論のネタ元だったはず
48:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:05:42 iEq
>>44
せやな
そうなのか、まあムガベ自体はインテリだってね
若い頃の恨みを権力者になって発散するケースなのかなーと適当に思ってたわ
42:杖刀人 ◆gvmUi2VapE:2016/03/07(月)00:59:15 2VW
おもしろいかは微妙だが中華民国
中国史の中ではすごく異質に俺には見える
43:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)00:59:50 2UY
ヴァンダル王国 435年 - 534年



元々はゲルマニア(現代のドイツ)の部族であったヴァンダル族が建国した王国
放浪に放浪を重ね最終的に北アフリカにある都市カルタゴを中心に王国を築いた
都市ローマを破壊したヴァンダル族の所業は現代でもヴァンダリズムという言葉として伝わる
45:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:02:54 iEq
ラテン帝国1204年 - 1261年
聳え立つクソ
十字軍がトチ狂ってコンスタンティノープルを陥落させ立てた帝国
ニケーア帝国(臨時の東ローマ帝国)に滅ぼされる
東ローマ帝国ってマジで弱い、嘘みたいに弱い。

52:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:09:08 gCy
>>45
ビザンツはその時は内乱だから仕方ないが
11世紀前半には「自力で」エルサレム城下まで攻め込むぐらい強かったから・・・
57:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:14:00 iEq
>>52
一時期強かったんだよね
46:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:04:34 MUc
聳え立つクソ
ワロタ
でもこの建国の時活躍したのが上のヴェネツィア共和国海軍なんだよー
49:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:06:28 iEq
>>46
領土が欲しかったんかねー
ひょっとして
50:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:07:22 MUc
>>49
クレタ島コルフ島っていう地中海貿易の要所をget!!
51:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:08:02 iEq
>>50
実現出来てたら、と思うとwktkする
53:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:09:33 MUc
>>51
ヴェネツィア共和国が滅んだ理由は領土を得すぎたことも一因だから領土が多いってのも考え物だね
57:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:14:00 iEq
>>53
国家の形態で収められる領土が決まるとか何処かで聞いたな
61:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:19:18 MUc
>>57
連邦型が一番大きな領土を治められるってのは聞いた事あるわ

でもヴェネツィアが滅んだ理由は直接的にはナポレオンに負けたからだけど
本当に滅んだ理由は治世形態でもなく
喜望峰ルートが出来て海運覇権を失ったから
規模が違う近代国家の元になる国が生まれて都市国家では太刀打ちできなくなったから
かつて経済的に強過ぎたせいで周辺国に足を引っ張られすぎるから
そして属州を持ってしまったことで国民の気質が変わってしまったから
と言われてるよ
78:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:33:00 iEq
>>61
ワイは共産国家やと思う(グルグル目)

国民の変質って何処でもあるのね
ローマでも共和制前期と後期、帝政初期と後期と末期で違うと聞く
54:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:10:49 iEq
ティムール朝1370年 - 1507年
ティムールが中国に憧れてたという理由だけで、当時最盛期だったオスマン帝国を滅亡手前にして、オスマンが大人しくなると進路を変えてひたすら西に領土を拡張したザ・ロマン帝国
彼の死後弱体化

60:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:17:36 iEq
>>54
あ、西じゃねえ東だ
58:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:15:12 2UY
>>54
遊牧民て一人の偉大な指導者がありえないぐらい領土拡大して
指導者がさった後即崩壊するのはもはや様式美だな

ティムール然りフン然り
60:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:17:36 iEq
>>58
チンギス・ハーンは割と上手くやったほうなのかもなー
55:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:12:37 P5X
北センチネル島





江東区と葛飾区を合わせたくらいの大きさの島。
一応、国としてはインドになるけど、誰も訪問することのできない謎の島。
250人くらいが原始的な生活をしながら居住しているらしい。
56:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:13:21 2UY
神聖ローマ帝国 962年 - 1806年

現代のドイツの原型となる国家
カトリック教会の思惑により誕生し以後、泥沼の宗教対立へと発展する中世を体現したかのような国
59:らんらん◆IMWagR89Dsve:2016/03/07(月)01:16:57 d3a
ナバラ王国
820年ー1620年
現スペインにあった王国
フランス人王朝になったり隣国に併合されたり独立したり忙しい国だった

フランシスコ=ザビエルの故郷でもある

66:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:22:40 P5X
>>59



あの辺はほんと忙しいね
68:らんらん◆IMWagR89Dsve:2016/03/07(月)01:24:52 d3a
>>66
改めて調べてみたら理解するのがめんどくさくなるぐらいでしたわ
ホント滅びたり栄えたりで
62:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:20:06 2UY
ダメホ王国 1600 - 1900



アフリカに興った国家であり奴隷貿易で発展した国
最終的にフランスに征服され死亡

国旗


63:らんらん◆IMWagR89Dsve:2016/03/07(月)01:20:49 d3a
>>62
ネタかと思って調べてみたけどマジだったわ
65:瀧澤じゃのめ:2016/03/07(月)01:21:34 ID:tw@OrzTaki
>>62
かわいい
69:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:26:17 Hjj
>>62
ダホメじゃね?
71:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:26:57 2UY
>>69
ダホメだったわ
64:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:20:57 MUc
ダメポ王国に見えたwwww
70:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:26:54 iEq
ローマ前509年 - 1453年
既に首都には上下水道(今でも使われている)とマンションがあって公衆風呂も整備されている
帝国の人口は一世紀で8800万人というチート国家

帝国のときより共和国時代のが軍隊は強い印象
共和国初期とか人間業じゃない政治力を発揮したり謎が多い
周辺国家の王がローマに訪れる時、元老議員の一人と会見したがその人物は間違いなく一人の王の威厳をもっていたという
そこから100の王がいる国家とも呼ばれたとか(昔読んだ本のうろ覚え)

74:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:30:07 2UY
>>70
ローマは歴史の基盤だよなあ
西ローマが滅びた後が中世であり東ローマが滅ぼた後が近世だもんな
78:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:33:00 iEq
>>74
2000年は凄い
割りとマジでローマ+ビザンツ史で地中海事情がわかるという
79:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:37:35 2UY
>>78
ローマ末期は酷い
ローマは国民性の変質によって滅んだと言っても過言ではない
まず多神教から一神教への改宗、これはローマ人のアイデンティティを破壊するには十分な威力
そしてアントニヌス勅令によってこれまである意味ステータスであったローマ市民権の形骸化
ローマ市民権が価値を失ったことにより職業軍人制のローマにおいて兵士であることの旨味がなくなり軍隊の弱体化の加速
末期の軍隊はほぼゲルマン蛮族の傭兵、ひどけりゃ犯罪者や奴隷をかき集めて組織する始末
80:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:39:23 iEq
>>79
何してんだよ!ってなるよな
カエサルが泣いてるで
82:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:42:39 2UY
>>80
ガリア戦記読めばわかるけどローマがあれだけ強大化したのもローマ人がローマ人足り得たからだもんな
ローマ人であることを誇りに思う兵士の士気がとにかく凄まじい、特にポエニ戦役やカエサルがガリアを征服した共和制時代はな
84:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:45:09 iEq
>>82
初期の首都ブッ壊されても異民族に降伏しても蘇るローマはも凄いと感じたわw
力強さがおかしい
81:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:41:53 MUc
>>78
全人類が超人みたくなれば共産主義でもやっていけるのかもなぁ
やっぱり国は国を構成する国民によって繁栄もするし継続もするし崩壊もするんだとわかる

そろそろネルポ王国
聳え立つクソが一番印象に残ったはwwww
楽しかったよありがとう
おやすみなさい
83:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:42:50 iEq
>>81
おやすみ
拙い紹介だったけど見てくれてありがとー
73:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:27:43 Z5s
大日本帝国

77:らんらん◆IMWagR89Dsve:2016/03/07(月)01:32:57 d3a
レソト

アフリカに現存する立憲君主制国家
人口210万人
サン族とソト族の競合のすえサン族を追い出し
ソト族が国王となったあとイギリスの保護を受けて一時植民地になった
近代は1998年頃までクーデター&政権樹立を繰り返した後
南アフリカ軍とボツワナ軍の治安維持活動もあって安定した

それにしてもこの立地は・・・

86:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:47:50 iEq
ソビエト社会主義共和国連邦1922年 - 1991年
マジキチ国家。
難攻不落の国土に畑から取れる兵士と帝国が生ぬるく感じる超中央集権制とその頂上にいる赤の皇帝の国
政治家が一人残らず血に濡れてるってどんな国だよ
歴代内務長官が全員処刑されてるって何だよ
あらゆるディストピア物に出てくる国内事情だったりと、何故こんな国が誕生したのか分からないランキングは1位


87:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:51:28 iEq
何か共産主義ってドーピングみたいなもんだよね…

国内の政治の自由度がMAXになるけど幸福度と人口と国家の寿命が時間とともに減ってくという
ベトナムがドーピング使ってアメリカと戦ってると考えると被害がそれっぽく見える
88:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:54:00 idl
>>87
食料が不足するとかわりかし謎だけどな
軍事に全力だし
89:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:57:38 iEq
>>88
軍事偏重になるのは仕様なのかねー
なんだっけクラウゼヴィッツがなんたらマルクスがフランス革命軍観てなんたらそれをレーニンが見習ったけどスターリンは見習わなかったりでも他の共産主義者は見習ったり中国は相変わらず独自路線だったり
とりあえず、民兵を指揮すること=共産主義みたいな思想があるらしいよ
90:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)01:59:30 iEq
やっべ眠い…最後に好きな世界史フラッシュ貼るわ
91:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)02:01:20 iEq


フィンランド戦記1~5
冬戦争と継続戦争をフィンランド側から
結構演出が熱くて良い
92:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)02:03:30 iEq
東方で近代戦争を再現してみた (41:32) http://nico.ms/sm26822779
東方ネタ注意だけど、スッゲー力入れてフランスのアルジェリア紛争(二次大戦後のアルジェリア独立に際した紛争)だけ取り扱ってる。
細かくて良い
94:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)02:09:06 iEq
やる夫で学ぶ第一次世界大戦【第一夜】 (12:12) http://nico.ms/sm23942533
上の人と動画のみについては同作者
第一次世界大戦のアウトライン
概要を知るなら教科書観たほうがいいとは思う。長い。
でも当時の人がどう感じてたか、よく想像されてていいと思う。
なおワイは全部見てません。
95:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)02:10:42 iEq
上の以上に、映像の世紀とか見たほうが良いと思うけどなー
アレは全部素晴らしい出来
96:名無しさん@おーぷん:2016/03/07(月)02:14:38 iEq
そういうことでおやすみなさい
歴史上の面白い国家を探してくるスレ
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1457277072
人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する