1:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)17:48:53 iYD
日々の自分の行動は、本当に自分の意思で決めているのでしょうか?人間の「自由意志」という哲学的な問題について、1人の科学者の見解をご紹介します。

1. 神経科学者-自分の意思より先に、脳がすでに決定している

オックスフォードの数学者マーカス・デュ・ソートイ教授は、人間に「自由意思」はないと考える。自分が何をしようかと意識するより前に、すでに脳が本人の意思情報をキャッチし、人間を活動させているというのだ。

一瞬の決定は、彼の意思によるものか、それとも脳が彼を動かしているのか。脳スキャンを見れば、それが一目瞭然だとソートイ教授は考えた。

すると、意外な結果が出た。ソートイ教授がどちらにするのかという「決定」を意識する6秒も前に、すでに彼の脳の一部が活発になったのだ。ソートイ教授が左手を選ぼうとすると、その前にある部分の脳が活発になり、右手を選ぼうとすると、すでに別の部分が活発になっているという。

ソートイ教授によれば、彼は自分が意思をコントロールしていないように感じるという。なぜならば、彼自身が何かを示唆する前に、すでにその脳の部分がどちらにするのかを決定しているからだ。


http://www.epochtimes.jp/2016/03/25428.html
2:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)17:49:45 fCZ
別にあってもなくてもいいじゃんね


3:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)17:52:17 JJ3
「自由意志があるのかないのか?
確実な事は分からないな
でも、僕が自由に振る舞っていると感じているなら
それは自由意志だと思うし
自由って主観的な事じゃないかな」

哲学者のデイヴィッド・チャーマーズがこんなこと言ってたな
4:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)17:52:45 yig
無意識の意志らしきものが脳に影響を与えている可能性もあるんじゃないのか?
6:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)17:58:26 JJ3
そもそも、意識の根源ってよく分かってないから

意識子みたいな素粒子的な属性があるとか
未知の魂のような物が振る舞いを決めるとか

色々な説がある
そういうの抜きに唯物論・機械論的に考えても謎が多すぎる
7:黒水晶◆759yXqJGiE:2016/04/16(土)17:59:10 J8x
情報源が貧弱すぎる。
10:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:02:30 8TL
>>7
まあ大事なのはあると証明されたことはないってことだね
8:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:01:51 iYD
結構当たり前のようにあると一般的にはされているが
これが実際にないと実証されるとと既存文明は大変なことになりそう
犯罪者が犯罪犯すのも必然的になっちゃうし
そう思う奴が飛躍的に増えるだろうな
14:黒水晶◆759yXqJGiE:2016/04/16(土)18:11:11 J8x
自由意志はあるけど、『意識』がリアルタイムで何かを決定している、というわけではない、という話だろ、これ。
意識はあくまで、『判断』以外の何かをこなすものであると分かっただけ。
俺としては、『意識』はPCでいうメモリみたいなもので、一時的に外部の情報を保管するための機能だと思う。

この情報に対して「人間には自由意志は無いんだ」と考える人は、『自分』=『意識』と考えているのかな。
17:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:13:36 Ufx
>>14
どちらにせよ
現代科学では自由意志の存在は確定してない
あるなしどっちもありえる
15:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:13:10 JJ3
無意識の上に意識があって
意識は氷山の一角みたいなものだ
と昔から言われているけど

じゃあ、氷山の見えない部分はどうなってるの?
という話で議論になるわけですよ
16:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:13:22 RXv
漫画でタバコ吸ってるシーンがあればタバコ吸いたくなる
これだけの話
視界の端の注視してない情報から行動意欲が惹起されただけだろ
それを決定論で語るのってすげー横着に感じるわ
18:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:15:42 8TL
>>16
人間のアクションがすべてリアクションにすぎないのだとしたらそれは自由意志と呼べるのだろうか

どのような意志決定の方針も必ず過去の体験のなにかによって惹起しているのは多くの人が納得するところ?
19:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:17:47 RXv
>>18
自由意志だろ、なんで決定論になるのかわからん
リアクションだろうと個性がでるじゃん
過去の体験で脳が科学的にカスタマイズされる、ってならまだわかるけどね
23:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:21:09 4BT
>>19
リアクションによる決定を自由意志とするなら風に揺られる木々もまた自由意志でその方向に動いているとも言える

あと決定論っていうが決定論までいくと暴論
ランダム性があるんだから決定論は最初から間違っているのは明らか
だからといって自由意志があると立証されるわけでもないが
30:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:27:39 RXv
>>23
違うだろ、外圧だろそれは
31:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:28:25 KSy
>>30
人間のアクションも元は必ず外圧に行き着くだろ
36:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:31:16 RXv
>>31
違うだろ、選択できるだろ
人間だって強制力のある環境=外圧に晒されればそうなるわけだし
纏足は足のリアクションか??
37:>>1:2016/04/16(土)18:33:18 8TL
>>36
その選択が外圧によるものだっていうのが自由意志ない派

内発的とするのがある派

ここに科学的答えはない今のところ
39:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:36:05 RXv
>>37
だからそれ環境=素粒子の状態って理屈は決定論だよね、って言ってるの
42:>>1:2016/04/16(土)18:38:59 rN3
>>39
ランダム性も内包した決定論であるとするならばイエス
この場合は人間の選択によってランダムが起きるわけではないが
47:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:42:08 RXv
>>42
違うだろ
状態決定こそが意思の正体だって理屈はランダム性の否定だろ
だから決定論だって言ってるの
49:>>1:2016/04/16(土)18:44:20 8TL
>>47
その状態移行自体にはランダム性があるやん

風が西に吹くか東に吹くかは決定していない
だが吹いた結果による事象には人間は影響を受ける
52:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:47:28 RXv
>>49
ないだろ
このCTだかの話は脳の科学的状態から意思が生ずる=ないて話だろ
その結果のランダム性を否定してるじゃん
風向きだって決まってたんだよ、バタフライエフェクトかも知れないし
20:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:17:57 cLR
つまり、どこかから、動けという命令が来てんだな
26:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:24:39 rN3
>>20
あるいはそう動くことは周りが決める
誰かの意志があるわけではなく
ただ川が流れるように
21:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:19:25 g3t
ここはゲームで俺たちはきゃらくたーだぞ
操作する奴がいて当たり前
脳はよくできた受信機だ
24:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:22:41 rN3
>>22
個人的に決めているとどうやって判断できるの?

それはただの主観でしょ

主観でいえば風に揺れる葉っぱに聞いたっておれは自分の意志でこの方向に決めたんだっていうよ
33:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:29:40 JJ3
>>24
葉っぱが何かを言えるって事は
言葉を選択する能力があるって事で
内発的な選択が可能でないと実現しえないでしょう
35:>>1:2016/04/16(土)18:31:07 biI
>>33
君は言葉をしゃべることを自分で選択したの?
25:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:24:29 TQq
そもそも認識がある以上人間のあらゆる事象の定義付けは不可能ではなかろうか。

万人が必然でそうなっていると判断する事柄でも当人が自分の自由意思であると主張し続けた場合、
それを覆すには当人の存在そのものを消去しなければならないが、
そうするためにはその当人の消去はもちろんその人が存在したという記憶を有する全ての人間の抹消、あるいは記憶の消去が必要になるのでは。
28:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:26:24 4BT
>>25
認識を主張するものが自由意志だと吹聴してもそれが証明されるわけではない

私は自由意志を持っていますと発言するプログラムを作ってもそこに自由意志はないでしょ?
40:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:36:45 TQq
>>28
証明。成程さもありなん。俺自身はそのプログラムの説明で」納得したが、
哲学の範疇を超えてしまうかもしれないが、(そもそも知らないが)
証明すらも認識によるとした主張には?
45:>>1:2016/04/16(土)18:39:46 8TL
>>40
証明すらも認識による
がよくわからない
55:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:48:34 TQq
>>45
証明って、数学および論理学で、真であると認められているいくつかの命題(公理)から、ある命題が正しいことを論理的に導くこと。
だと思う。
でもそれをある人間が証明と認識しなければ・・・
って、そんな事象の証明がないから哲学的にはokかw
失礼。
27:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:26:21 vAm
脳は物質である限り
物理運動しているにすぎない
ってことかな
29:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:27:29 biI
>>27
唯物論者的にいえばそうだね
自由意志はないとするすべては運動の結果

随伴現象ともいう
34:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:29:49 g3t
人間の性格は、たった12の要素の組み合わせで出来ているとされる
プログラム以外の何物でもないな
38:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:34:42 bOC
起きたことに対してどう思うかで行動の流れを変えられると思ってる
思うだけなら自由
空だって飛べる!
41:>>1:2016/04/16(土)18:37:09 iYD
纏足の例がでたが
今現時点ですでに我々は文明人であるようにと社会からある種の枠にはめられている

もちろんそれは社会的に便利ではあるが文明人であることをそもそも我々は選んでいない
選択権は与えられていない
43:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:39:20 RXv
>>41
与えられてるって前提でしょ、今の社会は
自然権に基づいて社会契約って概念ができてるんだから
46:>>1:2016/04/16(土)18:40:56 KSy
>>43
与えられてるとするか奪われているとするかは視点によるんじゃね?
50:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:44:57 RXv
>>46
社会の1番底にある概念の上で今こうしてやりとりしてるのに視点の違いもクソもないだろう
51:>>1:2016/04/16(土)18:47:09 4BT
>>50
この概念自体選択の余地なく与えられているもの
もちろんおれは自分の選択の結果こういう知識や視点を持っているわけだが
その選択そのものを本当に自分がしているかどうかは主観的な判断しかなく
科学的な答えがあるわけではない
53:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:47:57 RXv
>>51
違うけど
57:名無しさん@おーぷん:2016/04/16(土)18:57:10 RXv
段階的に意志が存在しても不思議じゃないだろ
さっきも言ったが無意識的(認識していない情報の取得)からインスピレーションが発現して、認識できる意思の前段階に存在する
何も不思議じゃないじゃん、実際サブリミナルってそう言うもんなんだし
チャーマーズの言う通り、そこに恣意があった場合を除きそれは自由意志と呼んでいいだろ
非生物から得たインスピレーションを基に、我々は行動する
認識した意思こそを自由と呼べばいいだけのはなし
脳は科学的な装置なんだから科学的状態の結果なのは当たり前
哲学:人間に自由意志はあるか
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1460796533
人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する