1:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)19:45:36 sAK
神とか魂みたいな怪しいあやふやなものが生きる上で精神的に大事だと思う
2:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)19:48:58 vvT
たとえばどんな?
3:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)19:55:39 sAK
>>2
例えばなんか悪いことした時に罪悪感って感じないか?
得とか損とかと別に何かあるような気がする
そういうのって大事よねというはなし


4:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)19:56:39 ram
宗教のことかな?
5:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)19:56:41 xbH
せやなというか科学側もあまり割り切ろうとしていない
6:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)19:58:35 wMr
神社の水は冷たくておいしいよな
神聖な味がする
8:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:02:40 sAK
>>6
そう、そういうの
100万するブランド物のバック(原価率5%)がよく売れてるとかいうのも広い意味で神秘性だと言える

合理性が全然ないように見えるが人間の経済活動においては重要
11:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:04:33 xbH
>>8
ブランド物のバックは原価こそ低いが
魔術的な儀式に結構金かかっているからな
と言うことにしよう
7:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:00:04 iez
まあ何となくわかる
白黒つかないグレーの部分も「遊び」として多少は残しておかんと、人生にしろ社会にしろ行き詰まると思う
一分の隙もなく整然と組み上げられたものは脆い
9:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:02:44 xbH
>>7
今の技術ではあまりにも多くのものを切り捨てないと
整然と組み上げられないしな
16:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:08:38 sAK
>>7
人間の価値観ってのがそもそも人間の感情に基づく
感情はあやふやで神秘性の塊みたいなもの

原価だって原材料の売り手が生産のしんどさとかを考慮して感情で決めてるわけで
実際確かな価値なんてどこにもないと言える

”一部の隙も無く整然と積み上げられたもの”ってのはそれ自体が幻想の可能性高い
17:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:10:43 ram
>>16
色不異空空不異色色即是空空即是色
いまさらすぎる
20:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:15:17 sAK
>>17
仏教では確かな価値などないのでこだわるなと説くが
僕は逆だ
なにか割り切れないものを捨てるんじゃなくて大事にした方がいいんじゃないかと思う
10:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:04:15 ram
電車が少し遅延しただけでブーブー文句言うくせに……
12:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:04:49 GkB
宗教とは違うけど、「わからない」とかあやふやなのが必要なのはわかる
てか、生きていく中で割り切れるときなんて少ない
13:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:06:36 3yi
結局は、自分では認知できない壮大な何かに精神的にすがりたいってことだろ?
宗教じゃん
てか、童貞の俺が17センチ砲を神に与えられたのはスピリチュアルな何かか?
それとも神からの試練か
18:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:12:47 sAK
>>13
宗教が大事といいたいわけじゃないが
割り切れない気持ちを持ってることは大事だと思う

君だと17cm砲を陰でひっそり誇りに思うことが君にとって精神的に重要かもしれない と僕は思う
19:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:14:32 3yi
>>18
いや、虚しいよ
21:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:15:39 xbH
>>18
何か砲に関してはお前が理詰めて追撃していないか?
14:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:07:29 ram
神とか悪魔とか妖怪とか怪しいあやふやなものに襲われたら
精神的に満たされるのか
15:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:07:36 xbH
科学は科学自体を割り切れていない気がしないでもない
22:グロメン中卒ニート◆NRhYlM5O3k:2017/05/05(金)20:16:50 wJo
俺グロメン中卒ニートだけど、確かに俺がグロメン中卒ニートにしかなれない理由は科学じゃ説明できないよな。
26:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:23:51 sAK
>>22
例えば君が自分はグロ面中卒ニートだから自分に価値などないし、何をやっても無駄だと思い込むとしよう
無根拠だし非科学的な思い込みで神秘性の一種だと思う
自分をいじめるように神秘性が働いている

逆に自分は価値があり、今はまだそれが発揮できていないだけだ
これを認めれないのは社会がおかしいと思いこむとしよう
これも神秘性だと思う
27:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:25:22 3yi
>>26
それら全て人間の心理という自然科学で説明つけられないこともない
と言っても今の学問で細かいプロセスまで解明されてるわけではないが
23:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:19:26 3yi
まあ、神を魂を未知のままでなく、自然科学で説明つけようとする人間の健気さも支持されるべきだわ
25:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:20:57 xbH
>>23
何故わざわざ説明しようとするのかという意味では神秘的だな
28:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:29:31 sAK
>>23
説明・解明してどうするという話
突き詰めると知的好奇心とかになる、要するに何かしらんけど解明したい!って気持ちになる
これも神秘性に基づくものだと思う
29:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:32:27 3yi
>>28
"何か知らんけど"は人間の心理
人間の心理は脳や中枢神経の活動
脳や中枢神経はとどのつまりタンパク質
結局、自然科学じゃんってのはだめか?
32:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:37:57 sAK
>>29
おっしゃる通り
そこで「ただの化学反応やん!」と思わずにもっと大事な何か意味のあるものだと考えるのが重要なのでは?
というのが僕の主張
33:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:40:18 xbH
>>32
科学の本もただの化学反応ですますな
みたいなこと書いてある気はする
34:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:45:52 3yi
>>32
さすがにそれは妄想の域だよ
科学で説明つかないような超常現象の背後に"神秘性"を求めるならともかく
科学で完結したものに"神秘性"を見出すのは妄想だ
メンヘラもいいとこ
24:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:19:49 Bhk
足りないのは科学でも神秘性でもなく
日常生活を不自由無く送れる程度の知能
30:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:34:54 xbH
多分科学にも神秘性があるからスレタイの方向で考えると話が歪みやすいんじゃね
35:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:51:08 xbH
ただの化学反応やん!ってなってもなんでそんなものから意識が生まれるんやって話になるし
そもそも化学反応って何やねんって方向にも行けるしなあ
神秘がないとは思えん
36:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:52:48 3yi
>>35
クオリアってやつか
おれは唯物論者だから
37:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)20:54:07 xbH
>>36
クオリアは関係ないしそんな括りはどうでもいいと思っているわ
39:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:01:33 3yi
>>37
関係あるよ
意識と物質としての脳の状態との繋がりは未だ不確定
それにつけ込んだ意識と物質を切り離して考える意識の概念がクオリア
確かに真に論理的に考えれば意識と脳の物質としての状態の因果関係の無さは真っ当だが、
科学ではそんなこと考えてる余地がないからな
ないものして扱う
そういう点で俺は>>1のいう神秘性は全面否定だね
40:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:06:26 xbH
>>39
うーん多分クオリア云々は>>35の一行目から出ているとは思うんだが
ただの化学変化で止まらないための思考手段の一つでしかないから俺にとっては重要じゃないんだよ
重要なのは思考手段が複数あること自体
そういう意味でクオリアは関係ない
41:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:11:53 3yi
>>40
化学変化を化学変化としてみるのでなくそれ以上の何かを見出すことを思考する手段の一つとして勘定するの?
43:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:18:10 xbH
>>41
化学変化は化学変化だよそれ以上に何かを見出す必要はない
だがそもそもただの化学変化を理解してんのかよってこと
38:小説王になる男◆U1DkX9eoRc:2017/05/05(金)20:55:04 W6X
しかし神秘そのものは人間の造ったものだからね
人間目線による人間のための真理

案外猫や犬、その他野性動物、それこそ魚や虫の心や思考を言語化できたなら、あらたなる学問の改築にも繋がりそうだ
46:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:23:27 3yi
理解してないよ
理解してないからといってそこに神秘性を見出すの違うって言ってるわけだ
厳密に理解してないけどこういうものであるっていう事実があるからね
神秘性が入り込む隙はない
54:■忍法帖【Lv=13,おおくちばし,YOT】:2017/05/05(金)21:35:17 S5s
他力本願
神頼み
人任せ
まあ確かに楽だわな
56:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:36:20 xbH
まあ俺は理解できないことに神秘を感じるのではなくて
理解できないことそのものを神秘と呼んでいる的な
57:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:40:09 7IP
神秘性とはちょっと違うが、どこかの数学者が
「美という感覚がないと、人間の頭はどこまでも
際限なく考えなきゃいけなくなるので、それは困る」
みたいに言っていたのを思い出した
58:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:43:54 xbH
>>57
限界まで分解して考えると疑いだけのこって何も残らないので
キリのいいところで止まってその段階で分かることまとめないと
ぶっちゃけ経済生活を行えなくなるという意味では分かる
だけどうるせえ困るとか知ったことか限界までやるぞという方法を結局は取らないといけないのではないか
と思うこともある
59:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:55:12 7IP
57:その数学者の名前も忘れてしまったけど
「よい数学の定理をみて美を感じるのは、なぜか」という
質問への答えで、
定理というのは美的感覚に導かれてたどりつくもの、
ということも言っていた。
一旦思考停止にたどりつきたいからこそ、新しい発見がある
ともとれると思った
60:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)21:59:29 xbH
>>59
確かにある意味での思考停止は必要だな全てのものを本気で考えたら
多分死ぬしなただ単純な思考停止とは区別したいし
出来れば別の言葉使いたいけどそういう勘は今のところ働いていない
61:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)22:03:07 oyd
>>60
現状留め置く
62:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)22:05:22 7IP
>>60
考え無精
63:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)22:09:29 ava
十分科学も神秘的だと思うけどなぁ
64:名無しさん@おーぷん:2017/05/05(金)22:11:01 7IP
合理主義的神秘主義者っていると思うんだ
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1493981136
人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する