1:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:11:49.64 ID:KuE6AoJl0


デイリー新潮2017年12月13日 16時59分
http://news.livedoor.com/article/detail/14024124/

 1964年の発売以来のロングセラー「かっぱえびせん」。そのお馴染みのキャッチコピーをめぐり、生みの親がカルビーを訴えた。

 ***

「えびせんをつまみながら、企画を考えていました。一袋目を食べ、もう一袋を開けようとした時、“思わず手が出る やめられない とまらない”といったフレーズが閃いたのです」

 と語るのは、当時、かっぱえびせんのCM制作を請け負った広告代理店「大広」の元担当者・日高欽治氏(80)である。このCMは広島と東京で放送され、その後、別の代理店に代わり拡大版が全国放送されると、かっぱえびせんはカルビーの大ヒット商品に。だが、件のコピーの発案者は長らく不明とされてきた。



2:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:12:09.07 ID:KuE6AoJl0.net
訴えた奴、しょうもない人生だなwwwwwwwwwwwwwwwwwwww
3:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:13:24.53 ID:4p0Iw64V0.net
じゃあ俺も今の内に考えて登録しとこ!
って奴が増えて変な名前が沢山ある現状、もうそういうのいいからと思う
5:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:15:14.81 ID:cbFuBLgN0.net
戦前からありそうな雰囲気だが64年とかガッカリだわ
7:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:16:45.59 ID:TK2Qjq1c0.net
>これは金額がないと裁判にならないといわれたためで

なら1円でいいじゃん
結局、金が欲しいんだろ?
8:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:17:46.01 ID:01BhTUw50.net
嘘付くこと無いじゃんねw
9:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:18:36.03 ID:Zt9veH0t0.net
でもクリエイターなら過去のヒットコピーが一個あるだけで人生の評価が変わってくるからなあ
しかも一回取材とか持て囃しといて急に下げるのは80のじいちゃんにはちょっと可哀想だわ
13:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:20:09.18 ID:bHd7oLuZ0.net
訴える理由がさっぱり解らんな。
つーかこんな訳のわからん訴えが良く受理されたな
15:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:21:54.18 ID:TjYoa61S0.net
>>13
しかも1億5000万

アホちゃう。
38:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 00:50:01.59 ID:m72PLDU+0.net
>>15
勝訴すれば訴えの一割くらいだろうし
判決取らずに和解で落ち着くだろうから
お互いの訴訟費用を誠意がある方が普段ってこったろうな。

それにしても別の会社が権利持ってるなんてカルビー甘すぎだろ
16:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:22:22.10 ID:0RWFH3w80.net
著作権で言えば、このコピーを思いついた人が著作権登録または商標登録をしていれば問題にならなかった。
先に著作権登録された時点で何を言っても信憑性がなくなる。これが通るなら、他の誰かが
「俺も同じコピーを考えた」と言えば通ることになる。この人がウソをついていないとしても著作権が主張できない以上、
名誉毀損も認められないと思うよ。
31:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 00:09:16.72 ID:7HwgbkAN0.net
>>16
著作権登録なんてねーよバーカ
60:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 03:19:52.99 ID:1C9P3pkj0.net
>>31
> CMを別の会社が著作権登録していた
19:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:26:00.86 ID:mb3lBC+UO.net
>日高欽治氏(80)

人生の終わりで、何か自分が残せたモノを自分の名前で残したい、か…


>ところが、後にCMを別の会社が著作権登録していた

先願主義やめりゃあいいのに
やたら出願しているクズが居ただろ
22:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:30:54.93 ID:r1qwRmLy0.net
>>19
先願主義のせいで翌シーズンのプリキュアのタイトルが大友によってスタート数ヶ月前に暴かれるんだよな
20:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:30:10.03 ID:XIoS2IaW0.net
誰も得しない情報
21:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:30:48.92 ID:PygPjbLK0.net
ネットでも初期の頃、谷村新司や井上陽水の曲は自分が作ったってバカが
いろんなところに出没してな。

今頃何をやってることだか。
24:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:46:54.83 ID:V2KQPmth0.net
このジジイも訴訟がやめられないとまらないんやろなぁ
26:名無しさん@涙目です。:2017/12/13(水) 23:56:32.12 ID:6ZG9rgOt0.net
請求額に最低額みたいなものがあるのかね?
これも一万とかなら、ああ話通り意地なんだろうな...と素直に思えるのだけど
2桁以上違うんだよな…。
裁判費用とか見越してのことなのかもしれないが、いずれにしろセコイ…。
28:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 00:06:55.27 ID:1OWN3vtD0.net
1億5千万って何か基準あるんかな
これ読む限りは真っ当な理由だと思うけど
30:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 00:07:20.37 ID:b018U1xu0.net
いうほど止まらなくないし
32:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 00:09:29.50 ID:OCdpiXzG0.net
ハッピーターンのほうが止まらない
33:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 00:10:51.47 ID:CZ8HJ5nF0.net
ぶっちゃけ不味い部類のお菓子だよね
34:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 00:11:29.87 ID:3ufD2qz40.net
実際はやめられるし
とめられるからな
37:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 00:38:38.76 ID:lPPlqTEz0.net
金か、金なんか?
39:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 01:00:33.82 ID:IZiDWle/0.net
時効だろ
40:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 01:08:17.17 ID:iXNJUkSy0.net
>>1
金の問題ではないなら請求額もっと低くて良かっただろ
金の亡者は死ね
45:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 01:37:09.93 ID:NLM0pLIF0.net
近所の老人会で嘘つき扱いでもされたのかね
47:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 01:39:48.09 ID:s2ebx8F/0.net
別の会社が著作権登録すんのは駄目だろ
だからと言ってカルビーは違うでしょ
48:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 01:45:12.20 ID:XYeDe7Cb0.net
>損害賠償請求額は1億5000万円だが、これは金額がないと裁判にならないといわれたためで、「お金が欲しいわけではありません」と日高氏はいう。

ボケてるのかな?
49:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 01:46:43.03 ID:ZiCnQ4Vx0.net
師走はいろいろ大変ですね(´・ω・`)
51:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 01:54:22.85 ID:uOcciSNt0.net
どんだけ金が欲しいんだよ
52:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 01:58:15.17 ID:WYFXgrYc0.net
栗本慎一郎が作った説を聞いたことあるけど
56:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 02:26:46.38 ID:cP/1mm4w0.net
キャッチコピーを考えるのが仕事なら対価は給与で片付いてる
裁判費用で新聞広告出すとかテレビに垂れ込めばよかったのに
57:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 02:28:11.03 ID:7yXk2T6A0.net
カルビーは嫌いだがかっぱえびせんは認めざるをえない
58:名無しさん@涙目です。:2017/12/14(木) 02:48:25.61 ID:qVqWs06T0.net
>損害賠償請求額は1億5000万円だが、これは金額がないと裁判にならないといわれたためで、
>「お金が欲しいわけではありません」と日高氏はいう。さて、カルビーはなんと答えるか。

 じゃあ1万5千円でもいいじゃん?
引用元:http://hayabusa3.2ch.sc/test/read.cgi/news/1513174309
人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する