1:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:25:17 BJf
主人公が悲劇的な目に会う作品を感動するとか美しいとか思ってしまうのはなぜなんだろうか?
歴史ものでも晩年は幸せに天寿を全うしましたって人より、義経とか信長とかガラシャみたいに悲劇的な死を遂げた人間のほうが人気高いけど
2:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:30:31 BJf
悲しい運命に立ち向かう主人公がすごい!カッコいい!っていうのが本質なんかな?
結局抗えなくて悲しい結末を迎えるとしても
それとも悲しい結末を迎えることの悲劇性自体に美を感じてしまうのかな
3:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:31:07 F9C
志しなかばで倒れた人を見て奮い起つものが無ければ男じゃないんやで!


4:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:32:24 BJf
>>3
なるほど
志半ばで倒れた人間を見て、ワイがその志を受け継いだろ!みたいな気持ちになるんかな?
5:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:34:13 F9C
>>4
せや!倒れて行った者達の思いを受け継ぐ事でワイらは歴史をつむぎ続けて来たんや!
6:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:34:46 fmz
センチメンタルな気分になるからやろ
7:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:34:56 QcF
咲~き誇る花は~散るからこそに美しい
8:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:35:19 HYq
アンダードッグなんとか
11:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:36:23 BJf
>>8
負け犬のほうが応援したくなるってやつか
逆に勝ち馬のほうを応援しちゃうのがバンドワゴンだっけ?
15:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:37:56 HYq
>>11
せや
9:■忍法帖【Lv=2,デスストーカー,csu】:2018/03/08(木)00:35:55 bvz
それ花女房の授業でそう感じるの日本人だけって聞いた気がする
16:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:37:58 BJf
>>9
でもギリシャ人もギリシャ悲劇大好きだったり
シェイクスピアも悲劇ばっかり描いてたりするよな
散り際の美学みたいなのは日本人特有かもしれないけど
12:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:36:37 F9C
>>9
普通に考えてそんなわけないやろ
17:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:38:03 bvz
>>12
フランダースの犬あるやろ
実はあれ海外じゃあまり知られてないらしいで
日本じゃCRにするぐらい有名なのに
19:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:39:59 F9C
>>17
日本でもアニメで有名になったんやしアニメやっとらんかったら誰も知らんやろ
ワイ魔女の宅急便に原作があること知らんかったし
20:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:40:04 BJf
>>17
フランダースの犬はアンダルシア地方の人たちが見たら批判的な評価になるのはわかる
周りの大人が非情過ぎやろ
10:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:36:21 qPS
判官贔屓ってやつやな
13:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:37:10 5TW
哀しみが美しいのではない
哀しみに立ち向かう人間のその意思が美しいのだ
14:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:37:49 pXN
日本の情操教育でそう思うように育てたれたから
18:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:38:12 F9C
>>14
シェイクスピアとかどうなるんや
21:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:40:25 QbZ
悲しいから美しいんちゃうぞ
登場人物の心が美しくてそう感じるんや
23:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:41:31 F9C
>>21
せやせや
24:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:41:38 BJf
>>21
たしかに
心の汚い人物が悲劇的な目にあってもざまあとしか思えないから悲劇が成立しないよな
22:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:40:36 ip9
居眠りトラックが家に突っ込んで家族全員死んだって話は別に美しくないやん?
悲しいから美しいってことはないと思うで
25:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:43:45 BJf
>>22
つまり悲しみに負けない人の心が美しいわけやな
悲しみ自体が美しいのではなくて
26:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:44:07 F9C
>>25
せやせや
27:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:45:14 h3f
骨折した選手が頑張ってヒット打っても感動せん
骨折しない選手の方が偉いし
28:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:45:35 bvz
>>27
ちょっとぐらい応援しちゃうやろ
30:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:46:35 BJf
>>27
怪我に耐えよく闘った!感動した!
みたいに思わないの?
ぶっちゃけ贔屓ならそもそも怪我するなよっては思うけど
29:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:46:33 0mh
人間の耳はメジャーコードよりマイナーコードを先に思い浮かべるという統計がある
あと人間は基本的には悪い事を先に想定する癖がある
良いことをイメージするよりも悪いことをイメージしておく方が
リスクが少ないので、ここら辺は防衛本能みたいなものでそうなってる
のでそのまんまストンと悲しく収まるストーリーは美しく感じる
33:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:51:30 BJf
>>29
悲しいお話のほうが予測しやすいから予定調和として収まりが良いってことなんかな
王道の悲劇みたいなテンプレで受け止めやすいみたいな
31:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:47:35 YpV
カタルシスってやつ
36:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:57:10 BJf
>>31
カタルシスって悲しいお話を見ることで心の洗濯するって感じかな
ワイの持ってる悲しい感情を作中の登場人物が代理してくれたわーって発散できるって理解でええんやろか?
32:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:50:45 1MM
狭き門とかマッチ売りの少女すこ
34:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:53:54 BJf
>>32
マッチ売りの少女とかただ少女が死ぬだけの話なのにな
そこに美を見出してしまう人間の心理がほんとに不思議やわ
37:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:57:36 1MM
>>34
流れ星とか少女に唯一優しかった亡くなったおばあちゃんに再会するとか死ぬことと不遇の身が魅力のポイントになってる感じやな
35:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:56:07 4OG
おんなじ悲劇でも泣ける悲劇としらける悲劇ってあるもんね
ワイはシェークスピアのリア王とかマクベスは好きなんだけど、
オセローあたりで「なんぼなんでも女アホすぎやろ」と疑問を持ちはじめ
ジュリアス・シーザーで「あっお前悲劇がうまいんじゃなくて悲劇しかできないワンパターン野郎なんだな」
とすっかり評価が下がってしまった
39:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:58:13 BJf
>>35
しらける悲劇はあるよな、たしかに
死に方が滑稽に見えてしまうと全然感動できなくなるわ
44:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:06:51 F9C
>>35
一個ヒット飛ばせたら凄いんやから何作か当てたシェイクスピアはやっぱ凄いと思うんやで
38:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:57:55 0mh
>>35
単純にその方が売れたんちゃう
41:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:00:52 4OG
>>38
人間の弱さ愚かさが生み出す悲劇、確かに凡人主人公ならいいんだけど、
その場合弱さにリアル感が無きゃ「なんやこのアホ」ってなるし
人類史トップクラスに有能なユリウス・カエサルが凡人の弱さ見せたらキャラ崩壊もいいところなのよね
40:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)00:59:58 1MM
狭き門も作者はキリスト教批判で描いたんやけどほとんどの日本人はアリサの信心深さに感動するとか若干ずれてるし文化の違いはあるやろな
41:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:00:52 4OG
>>40
実際ガワしかなぞってないからアリサがただのバカにしか見えないのよね
42:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:04:21 BJf
>>40
あーキリスト教的な世界観なら
悲劇的な死を遂げてもそこで終わりじゃなくて神の国で救われましたみたいな救済があるわけやな
だから悲劇がそのまま悲劇じゃないっていう理解もできるわけや
狭き門の場合は最後に救済があるか否かでキリスト教批判と見るかキリスト教的な説話と見るかお話の解釈自体が違ってくるわけなんやね
45:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:08:02 1MM
>>42
思ってたのと違う理解やけどそういうのもあるのかも
47:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:12:09 BJf
>>45
ヨーロッパの近代文学はただの悲しいお話ってだけじゃなくて何らかの批判を込めてるんやろなあ
ってのは思うけど
お話の悲劇性自体が美しさを持ってるから繰り返して読まれてるんだと考えてるわ
51:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:16:47 1MM
>>47
ヨーロッパの空気はわからんからなんとも言えないけどジッドの代表作って偽金作りって感じやけど日本やと狭き門が有名やん

日本の近代文学ならこころや銀河鉄道の夜がぱっと思い浮かぶな
58:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:20:46 BJf
>>51
こころはKも先生も精神的に弱すぎやろって思ってしまうわ
乃木将軍の殉死の影響があっての話やったと思うけど
贖罪→死って言うのが安易に結びつきすぎてる気がするわ
65:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:23:51 1MM
>>58
先生の死はKの自殺もあるやろうな
kはたしかに繊細すぎって感もあるな
50:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:16:18 BJf
自己犠牲の精神に対して美しさを感じてしまうのは日本人だけなんかな?
武士道ってようは自己犠牲的な献身に美を見出してるわけやと思うけど
53:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:18:41 WfZ
清廉潔白なキャラが何かを守る為に力を求めて破滅していくとか大好きやで
55:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:19:15 QbZ
>>53
それ胸糞悪くないか
56:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:20:19 WfZ
>>55
そうか?
力を手に入れた後に自分の間違いに気付いても手遅れっていうのがワイはキュンキュンするんやが
57:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:20:38 4OG
だいたい深刻めいたしかめっ面で哲学的な中身のないこと言ってりゃ高尚な悲劇っぽく見えるってその根性が気に食わない
おい聞いてるかいつぞやのヒーロー映画よ

>>56
まんまへうげものじゃん
60:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:21:09 PLW
メンヘラ女とかその典型だよな
悲しい状況に立たされてる自分に酔ってる
63:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:22:35 BJf
>>60
悲しい状況にある私かわいそう→かまって!って言うのがなんちゃってメンヘラの女の心理やと
70:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:25:12 PLW
>>63
かまってもらえない私可哀想!悲しい!→かまって!
これのスパイラルや
61:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:22:17 4OG
身の周り半径5メートルの情動と状況に酔ってる感って見るに堪えないもんがあるよな
64:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:23:34 4OG
からくりサーカスはちょいちょいおどけてるというか、
シリアス一辺倒にならないからすこって部分はある
68:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:24:33 vbr
悲劇も喜劇も同じくらいありそうな気がするけど、動物的にネガティブな事が記憶に残りやすい
危機察知能力は直接生存に繋がるからやないか
69:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:24:46 JaN
他人の不幸は蜜の味
71:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:25:12 1MM
悲劇と言えばロミジュリ!
二人が死んでしまったことが問題の解決に繋がったっていう皮肉な状況が悲劇的ですこ
72:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:25:17 4OG
自己犠牲の結果大切なものを守れたっていうのは悲劇に分類していいのか疑問
74:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:26:53 hq0
人は実は死ぬことや裏切られることに憧れているんだよなぁ
78:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:30:49 1MM
結論は出ましたか?
79:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:31:50 BJf
>>78
まあ色々な人間が色々な読み方してるわけやし
人の数だけ結論があるやろ
82:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:36:52 1MM
>>79
イッチの結論は?
84:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:43:57 BJf
>>82
まず悲劇を通して人間の美しさを描いてるって言うのがひとつあると思う
道徳とか献身とか一般的な美徳を描いてるわけやね
それと悲劇の悲劇性がそれ自体で人の関心を惹きやすいって言うのがもうひとつの理由としてあると思う
その悲劇の悲劇性がどうして人間を惹きつけるのか?っていうのがスレの本質ではあると思うけど
やっぱりアリストテレスの言うところのカタルシスみたいな解釈落ち着くんかな
81:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:35:35 4OG
とまるんじゃねえぞ
83:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:37:04 BJf
>>81
あれも制作サイドは悲劇的な死にしたかったのに死に方が唐突すぎて滑稽になっちゃった典型だよな
85:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:45:28 nfJ
悲しいというか不幸や不遇の時代を経て
大成功したりする話聞くとほんますごいなあって
感動するわ
86:名無しさん@おーぷん:2018/03/08(木)01:46:43 BJf
>>85
シンデレラストーリーみたいなのはまた悲劇とは違った魅力で人を惹きつけるよな
引用元:http://open2ch.net/
人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する