1:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)12:41:49 FFN
作者一人につき1作品まで

100位 響~小説家になる方法~/柳本光晴
別に読者に対して小説家になる方法を教える作品という訳ではない。
絵がたまに残念だけど、癖のある登場人物達とストーリーは面白い漫画。
響さんの個性的な言動を楽しもう。シリアスな笑いもあります。
しかし、途中から少し微妙になってきた気がして仕方ない。

99位 おもいでエマノン/鶴田謙二 梶尾真治
「地球に生命が発生してから今までの全ての記憶」を持つ女性、エマノンに纏わる物語。
ストーリーよりは絵と雰囲気を楽しむ、そんな作品だと自分は勝手に思っている。
この人の描く絵は見ているだけで楽しい。

98位 SPY×FAMILY/遠藤達哉
スパイの男、殺し屋の女、超能力者の少女がそれぞれ目的の為に自分の正体を隠しながら親子として共に暮らすホームコメディー漫画。設定から既に面白い。
まだ巻数は少ないが、これからにも期待の作品である。

97位 ボボボーボ・ボーボボ/澤井哲夫
小学生の頃にハマっていたギャグ漫画。
訳の分からないノリと勢いとギャグの嵐に当時は爆笑していた。
遊戯が突然アフロから現れるのは卑怯。

96位 だがしかし/コトヤマ
駄菓子を扱ったコメディ作品。
自分の昔好きだった駄菓子が出てきたりすると何だか楽しい気分になる。
ギャグは面白い時は笑えるけど寒いとこも意外とあった。

サヤ師可愛いぞ。


2:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)12:42:39 FFN
95位 トニーたけざきのガンダム漫画/トニーたけざき
安彦良和っぽい絵柄で描かれたガンダムのギャグ漫画。
原作のシーンのパロディや酷いキャラ崩壊に満ちている。アムロがジオン高校に殴り込んだりガンダムが謎のメカだったりタムラ料理長が怪しいものを作っていたりデギンが巨大化したりサクとサムが可愛いかったりする。
ちなみにエヴァのギャグ漫画も描いていたりする。

94位 化物語/西尾維新 大暮維人
この漫画で始めて見たが面白かった。
人物同士の掛け合いが見ていて楽しい。
阿良々木くんがキモいけど、だんだんそのキモさが面白く見えてきた。
絵が凄く良い。

93位 呪術廻戦/芥見下々
ジャンプで連載中の和風ダークファンタジー。
エグいけどしっかり王道な少年漫画をしている感じが良い。
個性的な登場人物や台詞回しなどセンスが随所に光っている。
東堂のキャラが面白過ぎる。

92位 スプライト/石川優吾
「時間の波」で旅をしながら元の時代への帰還を目指すサバイバル漫画。
先の読めない展開には目が離せず、面白い。
何だか終わり方はちょっと物足りない感じがあったが悪くもないとは思う。
最終巻の表紙が良い。

91位 僕の心のヤバイ奴/桜井のりお
クラスメイトの美少女、山田さんを殺す妄想をしていた中二病気味の主人公が彼女を観察していくうちに恋していくほのぼの系なラブコメ漫画。
ヒロインも主人公も可愛らしくて良い。
これもまだ巻数は少ないが非常に面白いよ!
24:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)23:24:27 NSf
>>2
スプライトなんか引き込まれるよな
3:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)12:44:02 JBD
長い戦いになりそうだ
4:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)12:44:43 FFN
90位 銀魂/空知英次
少し現代化してしまった幕末の日本を舞台にしたギャグ漫画。ギャグだけでなく人情味溢れる話やシリアスバトルな回もあるが、どれも基本的に面白い。
しかし、ちょっと長過ぎた。
でも完結お疲れ様です。

89位 となりの関くん/森繁拓真
関くんの授業中一人遊びに、隣の席の横井さんが注意したり邪魔したり気付いたら一緒に遊んでたりする漫画。
毎回先生から隠れて遊んではいるが、普通にバレるだろというツッコミはしていけない。
気楽に読める楽しい作品である。

88位 烈火の炎/安西信行
小学生の頃に凄くハマっていた漫画。
まあ、今読むと色々と気になる部分もあるのだが、後半の展開から最終回にかけては今でも普通に面白いと思う。
他の漫画なら戦力外になってしまいそうな土門が最後まで活躍していたのも良かった。
あと、魅力的な敵キャラを描くのが上手い。

87位 死役所/あずみきし
「死役所」と呼ばれる死者をあの世へ導く為の機関を舞台にした作品で、そこへ訪れる人間達の人生史を描いている。
後味が悪かったり何とも言えなくなるようなラストのエピソードもあるが、感動できる良いエピソードもあるため話としてのバランスがよく出来ている。

イシ間さんはいいオッサンだった…

86位 くまみこ/吉元ますめ
熊のナツと巫女の少女を中心に田舎での日常を描いたガールミーツベア漫画。
田舎の雰囲気が良く気楽に読めるコメディーだが、割と熊の恐ろしさを隠さずに描いていたりもする。
たまに吹き出すレベルのギャグが来るので侮ってはいけない。
5:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)12:45:48 FFN
85位 レベルE/冨樫義博
オムニバス形式で展開される、宇宙人を題材としたSF漫画。
全3巻完結で内容も濃い。
コメディーだったりシリアスだったりと、どの話も安定して面白い。
カラーレンジャーとバカ王子の話が好き。

84位 RAINBOWー二舎六房の七人ー/安部譲二 柿崎正澄
少年院での七人の少年達の出会いと、彼等の生き様を描いた作品。
漢臭い。
胸糞悪い話が多いが、そのあとにはしっかり熱い展開になったりするため暗い話になりすぎず読めるのが良いところ。
妹が救われて良かった…

終わり方も個人的には結構好き。

83位 バンビ~ノ!/せきやてつじイタリアンレストランで働く主人公が、社会の厳しさ(先輩や客)に揉まれながら成長していく姿を描いた料理漫画。
怒られたり理不尽な目に遭いながらも前に進もうとする主人公の姿は、
見てる方も「頑張ろう」と思わせてくれる。
絵柄も合わせて熱い。

82位 焼きたて!!ジャぱん/橋口たかし
日本人の日本人による日本人の為のパン、ジャぱんの完成を目指す物語。
絵がかなり上手く食べ物も美味しそう、ストーリーもしっかりしていて熱いし感動できる、ギャグやパンを食べたときのリアクションも面白い、
好感の持てる個性的なキャラクター達、女の子が可愛いと文句の付け所が無い漫画…だったはずなのだが、
モナコカップを過ぎた辺りから少しずつおかしくなっていった。
そして、終盤から最終回にかけては本当にもう本当に酷い。どうしてそうなった……

81位 放課後さいころ倶楽部/中道裕大
京都を舞台に、アナログゲームを通じて少女たちの成長していく姿を描いた作品。
登場人物がとても楽しそうにゲームをやっている
ため、見てる方も遊んでみたくなる良い漫画。
11:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)16:48:15 FFN
休憩中に半分くらい投下しようとしたが急に呼び出されてた、すまんな

夕方以降また来る
12:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)18:26:55 FFN
80位 魔方陣グルグル/衛藤ヒロユキ
勇者(職業・盗賊)のニケと闇魔法を使うククリが魔王を倒すために旅をするRPG風なギャグ漫画。
個性溢れる愛すべきバカや面白い人達が数々登場し、ギャグや台詞のセンスもキレキレである。
最後の魔王との決戦はシリアスそうな空気に酷いギャグをぶちこむはっちゃけ具合でもう色々と酷い(凄く褒めてる)。
キタキタおやじは最強の生物。

79位 東京リベンジャーズ/和久井健
元不良のダメ男な主人公が、好きな女の子の死ぬ未来を変えるためにタイムリープを繰り返しながら奮闘する話。
過去で何かを変えても簡単に未来が良い方向には行かないどころか、むしろヤバイ方に行っていたりするのが面白いと思う。
ダメだった奴が弱くてもボロボロになってでも頑張る姿はやっぱり熱い。

78位 魁!クロマティ高校/野中英次
不良校を舞台にしたギャグ漫画。
バカや変人やオッサンやゴリラやロボット等の色々な不良高校生が登場する。
…普通の高校生じゃないのが混じってる気がするけど高校生だ。
別にテンションが高いわけでもなく基本的に会話してばっかりなのにそのやり取りがおかしくて笑える。こんな漫画を描けるのは才能だと思う。
後半は失速気味に感じたがギャグ漫画の面白さを保つのは難しいだろうから仕方ない。
13:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)18:27:59 QLa
これ別に順番つけなくても良くない?
15:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)18:32:08 FFN
>>13
うん、ごもっともな御意見だけど自分の中では「面白い」にも程度や順位があるからこうした方がやりやすいんだ。
まあ全部好きな作品ではあるから見てる側の人は順位気にしなくてもいいよ
14:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)18:28:58 FFN
77位 死人の声を聞くがよい/ひよどり祥子
ホラーからオカルト、宇宙人まで何でもありなホラー漫画。
短編の話で構成されており、どの話もしっかりオチまで作られていて面白い。
意外とシリアスな笑いもあるのが良い。

主人公の側にいる幼馴染みの霊、早川さんの危険を伝えるジェスチャーが可愛かったり笑えたりちゃんと伝わって無かったりするのもこの作品の楽しみの1つだ。

作者は「ハーレム漫画を描いて」と言われてこれを描いたらしいが、
こんなハーレム絶対に嫌である。

76位 アクタージュ/マツキタツヤ 宇佐崎しろ
辛いことから現実逃避しようとした結果生まれた「メソッド演技」の才能を持つ主人公が様々な人との出会いや演技を通して役者としても人間としても成長していく姿を描いた話。
役者漫画だが、努力と友情の立派なジャンプ作品である。
初期は原作に作画が追い付いていない感じと作品の方向性が定まっていない感じもあり色々と不安定だが少しずつ良くなり面白くなって行く。自分は4巻以降の銀河鉄道編で完璧にハマった。

どんどん表情豊かに変わり、親しみやすいキャラクターになっていく夜凪ちゃんが可愛い過ぎる。

75位 ラブやん/田丸浩史
愛の天使ラブやん、ロリコン・オタク・ニートのカズフサと愉快な登場人物達が織り成す下ネタ満載のお下品ギャグ漫画である。
1話目から主人公が下半身丸出しで登場、小学生を狙う等色々とやらかす。
また作中の時間もしっかり経過していくため、主人公は彼女も出来ず、ロリコン・オタク・ニートのまま歳を重ねていく…

もしもアニメ化となった場合どうなってしまうのかが危惧される作品である。
いつかアニメ化しないかなぁ、これ。

台詞回しのセンスが飛び抜けている。
16:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)18:33:39 FFN
74位 もっけ/熊倉隆敏
霊感体質を持つ姉妹を主役に描いた妖怪漫画。
基本的には1話完結形式で進み、良い話から怖い話まであり絵柄も良く面白い。
あと背景の絵が結構好きなんだけどそんなとこ見て楽しんでるの俺くらいだろう。たぶん。

73位 無限の住人/沙村広明
不死身の身体を持つ男と、両親の仇を討つ事を目的とする少女の旅を描いたネオ時代劇。
万次さんが凄くカッコいいんだけど不死身なせいか毎度の如く酷い姿にされる。ホラー漫画か。
絵が上手く戦闘シーンも凄く良い。
物語の締め方も個人的に好きだ。
面白いけどグロ注意。

72位 約束のネバーランド/白井カイウ、出水ぽすか

鬼の居る世界で、食用児として育てられていた子供達が農園から脱獄し自由に生きられる世界を目指す物語。絵が上手い。
主役の3人組がそれぞれ個性的で好感の持てるキャラになっており、考え方もそれぞれ違うのが良いと思う。

ママとの駆け引きや脱獄までが一番ドキドキした気がするが、その後の話もかなり面白いぞ!

もう終盤に入る雰囲気でどう展開していくのか楽しみな作品である。
17:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)18:45:20 t1N
ふむふむ
19:名無しさん@おーぷん:19/10/16(水)20:44:32 JBD
もったいぶるねえ
29:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)00:43:45 sB9
71位 竜のかわいい七つの子/九井諒子
短編集。絵や雰囲気が好みで、どのエピソードもよく出来ていて面白い。
たまに読み返したくなる作品。
これを読んで気に入ったら他の短編集も是非読んでみて!

70位 孤独のグルメ/谷口ジロー
中年男性が頭の中で色々語りながら飯食ってるとこを描いているだけなのにやけに面白いこの漫画。
見れば見る程この雰囲気が癖になる。
「うおォン、俺はまるで人間火力発電所だ」等といった独特の台詞センスも素晴らしい。

69位 アオイホノオ/島本和彦
芸大生の焔燃(ホノオモユル)がプロ漫画家へとデビューしていく姿を描いた作品。
無駄に熱いノリと勢いが楽しい。
実在の漫画家やアニメ関係者等も数々の人が扱われている。
たまに偉大な方々に失礼な発言(本人に悪気はない)を行う若いホノオの姿もまた面白い。
30:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)00:45:12 sB9
68位 惑星9の休日/町田洋
惑星9を舞台にしたオムニバス形式の漫画。1巻完結。
そこに暮らす人々の様子が描かれており、この独特の世界観や雰囲気が凄く良い。

67位 僕と君の大切な話/ろびこ
主人公とヒロインの会話劇を軸に話が展開されるラブコメ作品。絵が好き。
東くんと相沢さんの性格が個性的(女性への見方がひねくれている屁理屈男とストーカー気質の天然気味な子)で、二人の会話ややり取りは見ていてとても面白い。
男女の思考などの違いをコメディに公平な視点で描けているのも良い。
更にコメディだけでなくちゃんと恋愛部分も面白い。

また、その他の登場人物達もいい味を出している。
はまりんが凄くかわいい。

66位 かぐや様は告らせたい/赤坂アカ
タイトルで何となく避けていたが、いざ読んでみるとハマってしまった。
繰り広げられるしょうもない頭脳戦と掛け合いはもはや「天才達の恋愛頭脳戦」ではなく「アホ達のくだらない頭脳戦(?)」である(褒めてる)。
顔芸やギャグ、キレたツッコミも面白く、作者の漫画力が高いため読みやすくて見てて楽しい。
コメディー部分を褒めてるっぽくなったが恋愛部分やたまにあるシリアス話もよく出来ていて面白いです。
登場人物も皆個性的で面白いキャラクターばかり。
石上と早坂が特に好き。
31:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)01:22:13 WyQ
素晴らしい
32:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)01:38:09 MKE
響入ってるやん
お、レインボーも入ってるやん
バンビーノ糞
33:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)05:34:12 sB9
65位 俺物語!!/河原和音 アルコ
常人離れした身体能力に、強い正義感を持つ主人公が痴漢されていたヒロインの女の子を助けたことから始まる二人の恋愛を描いたラブコメ。
主人公の顔の作画が少女漫画じゃない。
基本的に明るく登場人物もいいやつばかりなため、シリアスな展開はあっても暗い話にはならない気楽に読める作品である。
親友の砂川がいい男過ぎる。

64位 AKIRA/大友克洋
超能力者「アキラ」を巡り、近未来とその崩壊後の世界を描いたSF作品。
絵が訳のわからないレベルで凄い。漫画好きなら一度は見ておくべき名作である。
客観的な評価をするならもっと上なんだけど、あくまで主観の評価なのでこの順位。

63位 機動警察パトレイバー/ゆうきまさみ
テクノロジーの発展により登場した汎用多足式作業機械「レイバー」を使用した犯罪が続出し、それに対抗する「警視庁特車二課」に勤める人々を描いたロボット作品。
淡々とした雰囲気で進む感じが読みやすく面白い漫画である。
ロボットのデザインが結構好き。

後藤隊長が良いキャラしてると思う。
34:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)05:38:09 sB9
62位 深夜食堂/安倍夜郎
路地裏にある小さな飯屋、深夜食堂と呼ばれている店を舞台に繰り広げられるマスターと様々な客との交流を描いた人情ものな作品。
客の希望に応じてメニューに無いものも作ってくれる。
こんな店があったら自分も行ってみたい。

61位 ブルーピリオド/山口つばさ
成績優秀で世渡り上手な高校生男子が絵を描く喜びに目覚め、美大を目指す青春スポ根漫画。超面白い。
周囲に合わせ空気を読みながら生きていた八虎がどんどん絵を好きになり、
情熱をかけがむしゃらに頑張る姿には見ている方も熱い気持ちになってくる。

「好きなことをする努力家はね、最強なんですよ!」
など心に響く名言も多い。

60位 凪のお暇/コナリミサト
常に空気を読んで周囲に合わせていた主人公がストレスを溜め続けた結果、全ての人間関係を断ちきり転居してゼロから新しい生活を始める。
社会での息苦しさや「自分らしく生きたい」という感じが凄い共感できる。
新しい生活で少しずつ新たな人間関係が広がっていく感じも良い。
漫画としても良くできていて面白い作品である。
35:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)05:42:46 sB9
59位 ムジナ/相原コージ
生き抜くことを信念とする臆病で落ちこぼれな忍者を主人公に描かれた作品。
下ネタの多さや実験シリーズ等は自分にはどうも気になって仕方なかったが、キャラやストーリー、構成力の高さは一級品。
後半、主人公が逃げることをやめヒロインや村を助けるため覚悟を決めてからのラストに掛けての熱い展開は
今まで見た作品の中でも上位に入るレベルの凄さと言っても過言ではない。
最終回が美しい。

58位 デッドマン・ワンダーランド/片岡人生・近藤一馬
異能力を持つ者達が集められたデッドマン・ワンダーランドを舞台にした監獄サバイバルアクション漫画。
最初からいきなり色々とえげつない事が起こるが、
ガンタが真っ直ぐで正統な主人公のため意外と読みやすい。話は暗いけど。
勢いが落ちることなく最後までずっと面白いし、程よい巻数で完結する。
最終巻すごく良いと思う。

57位 かくかくしかじか/東村アキコ
作者の高校時代から通っていた絵画教室の先生の事を中心に描かれたエッセイ漫画。
先生が個性的な人で、かなり面白いのだが途中からの展開は賛否両論に分かれるであろう…
しかし、過去の自分を悔やみながらも、美化も誤魔化すこともせず正直に描ききったことは凄いと思う。
素晴らしい作品だが、読後は何とも言えない気持ちになる。
36:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)05:49:04 mdf
3つくらいしか知らない

今まで出たやつの中ならバンビ~ノ!が一番
37:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)07:52:39 sB9
56位 聲の形/大今良時
「人に気持ちを伝えることの難しさ」をテーマにした作品で、元いじめっ子の主人公と聴覚障害を持つヒロインを中心に描かれる。
最初の小学生編が見ていて胸糞悪いが、そこを乗り越えることが出来れば後は最後まで読める。
キャラが皆どこかに欠点を抱えているのが良い。
台詞の文字を半分にする事で、聞き取り辛さを表現した場面は上手いやり方だと思った。

55位 湯けむりスナイパー/ひじかた憂峰・松森正
元殺し屋の男が働く秘境の温泉宿を舞台に様々な人間ドラマが描かれた作品。
個性的で濃いキャラが多く、主人公の源さんも男らしくてカッコいい。
こんなオッサンになりたい。

54位 ホーリーランド/森恒二
いじめられっ子だった主人公が強くなっていく格闘漫画。
自分が暴力を振るうことへの葛藤などが描かれているのが良かったと思う。
様々な格闘技が登場し、面白いんだけど
ちょくちょく挟まる作者の解説がちょっと気になる。
38:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)07:59:00 sB9
53位 神童/さそうあきら
ピアノの天才小学生と絶対音感を持つ大学浪人生の心の交流を描いた音楽をテーマとした作品。
うたの性格が好きだ。
途中ちょっと野球漫画になるけど最初から最後まで安定して面白いよ!
後半から驚きの急展開である。

52位 GANTZ/奥浩哉
黒い球体ガンツに集められた死者達が星人と呼ばれる敵との戦いに巻き込まれていく話。
千手観音から大阪編までは文句なしの面白さである。
最終章は、話や展開としては悪くは無いのだがもう少し何かが欲しかった。

51位 NARUTO/岸本斉史
ジャンプで連載されていた忍者漫画。ワンピースと共に楽しんでいた。
途中から忍術というよりも魔術のような気がしなくもないが忍術である。
絵や構図が非常に上手い。
話やキャラもいいところは凄く良いのだが、気になる部分も多々あるのが少々残念。
最後をナルトVSサスケで締めたのは良かったと思う。
39:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)08:05:02 sB9
50位 オンノジ/施川ユウキ
人間の居なくなった世界で暮らす少女とフラミンゴを描いた1巻完結の四コマ漫画。
ギャグは笑えてたまにしんみりした話もあります。
ふとしたときに読みたくなる作品である。

49位 僕だけがいない街/三部けい
「リバイバル」と呼ばれる、タイムリープの特殊能力を持つ主人公が、かつて小学生時代に起きた連続誘拐殺人事件を阻止しようとする話。
主人公が誰かを助けようとなりふり構わず必死に動き回る姿はやはり良いものである。
ちょっと物足りない感も否めないが、話としてはよくまとまっていて最後まで安定して面白い。
最後まで見るとタイトルの良さに気付く。
40:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)08:11:07 sB9
48位 恋は雨上がりのように/眉月じゅん
女子高生の主人公がバイト先の冴えないオジさん店長(45歳)に恋をする、
という少しでも間違えたらキモくなりそうなこの設定を不快感も無く真っ当に描けていた作品。
二人の心情描写も上手く読みやすくて面白い。
越えてはいけない一線を越えないよう、店長がたびたび思い止まり距離を置こうとする感じが良かったと思う。
店長はいいオッサンだ。

最後は、切なくも爽やかで前向きな良い終わり方だったと思う。

47位 みどりのマキバオー/つの丸
ジャンプで連載されていた競馬漫画。
一見ギャグみたいな作風だが、その中身は笑いだけでなく熱さと感動も詰まった素晴らしい少年漫画作品である。
カスケードやアマゴワクチンなど、馬のデザインや性格がいちいちカッコいい。
41:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)08:15:30 sB9
46位 バクマン。/大場つぐみ・小畑健
主人公の二人組が漫画家を目指しプロとして成長していく話。
漫画家や編集サイドの話が見れたり色々な事が描かれていていて面白いしストーリーは良いのだが、キャラの魅力が今ひとつ足りない感じが惜しいと思った。
作中作のPCPは普通に見てみたい。

45位 BEASTARS/板垣巴留
人間は全く居らず、草食動物と肉食動物が共生している社会を描いた学園青春群像劇みたいな作品。
実在していたら本当にありそうな動物社会での暗い部分も隠さず描写していたり、草食・肉食であるが故の悩みや葛藤等も描かれている
内容は結構殺伐としていてシリアス気味だが、キャラクターが動物なおかげか意外と見やすく、主人公であるハイイロオオカミのレゴシを筆頭にいいキャラが多い。

独特の世界観と雰囲気は好き嫌いが別れるかも知れないが、ハマればかなり面白い。
42:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)08:22:49 sB9
44位 ぼくらの/鬼頭模広
15人の少年少女達が巨大ロボット「ジ・アース」と出会い、戦いに巻き込まれていく。
そのロボットには、一度動かすたびに操縦者が死ぬという理不尽極まりない機能が搭載されている。
ロボットものというよりは、子供達が残された命を何のためにどう使うのかを描いた作品であると思う。

43位 夕凪の街桜の国/こうの史代
原爆を投下された直後の広島と、それから時が経った現代を舞台に描かれた作品。
前半の原爆を落とされた後の様子の描写が見ていて心に直撃してる。
後半も凄く良い。
1巻完結100ページも行かない内容で中身が濃すぎる名作である。
43:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)08:28:11 sB9
42位 ラブロマ/とよ田みのる
理屈っぽく正直者の星野くんがヒロインの根岸さんに告白したところから始まる純愛ラブコメ。
主人公達がとても個性的で、ボケとツッコミの様なやりとりや二人の関係性が見ていて楽しい。
独特な絵柄で敬遠されるかも知れないが、中身は直球でいて優れた青春ラブコメであり是非読んでもらいたい一冊である。

41位 ドラゴンボール/鳥山明
もはや説明は不要なレベルで有名であろう名作。客観的な評価をすればもっと上位に入ります。
圧倒的な画力とセンス、見やすく分かりやすくカッコいいアクション、バトル描写で鳥山明に並ぶ人は居ないであろうと思っている。
ブウ編も充分に面白いんだけど少し気になる点もあり、やっぱりフリーザかセル編あたりまでが一番面白いかも知れない。
44:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)08:38:00 sB9
40位 機動戦士クロスボーンガンダム/長谷川裕一
F91の後の世界を舞台に、木星帝国と宇宙海賊の戦いを描いた作品。
少年漫画らしさとガンダムらしさが上手く混ざり合っている。
木星帝国のMS、MAのデザインが個性的で結構好き。
独自の視点から見たニュータイプへの考え方なども面白かった。
トビアはいい主人公だ。

39位 花田少年史/一色まこと
事故に遭ってしまった事により、幽霊が見えるようになった花田一路が様々な霊達から無理難題を押し付けられていく幽霊コメディー漫画。背景の作画が素晴らしい。
どのエピソードも面白く、全4巻とまとまりも良くて読みやすい良作。
45:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)09:45:56 6p8
かくかくしかじか良いよな
46:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)12:26:00 sB9
38位 げんしけん/木尾士目
大学のオタクサークルを舞台にオタク達の日常と青春を描いた作品。
この漫画の一番の面白さはサークル内に一人だけ混じっている一般人の春日部さんの存在であると思う。
彼女のオタク達に対する反応が面白い。
二代目は途中から読まなくなってしまったが自分の中では初代で綺麗に完結しているため問題ない。

現在連載中の「はしっこアンサンブル」も面白いぞ!

37位 EDEN/遠藤浩輝
新型ウィルスが流行した後の世界を舞台にした作品であり、SFや戦争等をテーマにした話が繰り広げられる。
世界観的に仕方ないが、やたらと人がすぐに死ぬしひたすら暗い。面白いけど疲れる。
そして主人公のだんだんやさぐれていく姿が見ていて辛い…まあそりゃそうなっても仕方ない。
ケンジが強くてどこか哀愁もありカッコいい。

単行本の表紙絵が凄く良いと思う。

36位 水惑星年代記/大石まさる
水惑星(地球)や宇宙を舞台に繰り広げられる様々な人間の姿を描いた、オムニバス型式で進むSF作品。
崩壊しかけている世界観であるが、基本的に前向きで良い話が多く読みやすい。
なので誰にでも気軽におすすめしたいところだが、やたらスケベな表現も多いのがちょっと困る。

トーンのあまり使われていない絵柄が個人的に好みである。

35位 男子高校生の日常/山内泰廷
男子高校生達のリアルな日常を描いたギャグ漫画。
名前の通り男子達のバカな日常が中心であり、女キャラも居るが色恋沙汰なんてものはほとんどない。それが良い。
やっさん(文学少女)初登場回は次々と畳み掛けるギャグの嵐に笑いが止まらなかった。以降は彼女が登場するたびに腹筋の崩壊を強いられる。
レギュラー三人組の中で一番主人公の影が薄い。

34位 ああ探偵事務所/関崎駿三
電話帳の一番最初にある「ああ探偵事務所」を舞台に描かれた探偵コメディ漫画。
殺人事件等物騒な事はほとんど起こらず、様々な依頼を主人公と助手のヒロインが面白く解決していく。
人の家に不法侵入したり卓球のラケットで刃物を防いだりもする。
探偵…?

基本いい人なのだがホームズと推理が大好きでどこか変人な主人公の妻木を筆頭に、個性的な人達が多数登場する愉快な作品である。
47:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)12:27:23 3Ue
クロボンは鋼鉄まで含めて完結だなぁ
黒富野ばりの死にまくりEDが良かったわ
48:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)12:30:40 sB9
33位 蟹に誘われて/panpanya
表紙から漂う雰囲気が何となく気になり購入してみたらすっかりハマってしまった作品。
現実とファンタジーの混在したような世界観に、簡略化されたキャラとリアル寄りな背景と独特な空気感が癖になる。
内容の出来も良い。
一番最初の話はタイトル通り女の子が蟹に誘われて追い掛ける話である。
風景描写がとても良いんですよね。

32位 風の谷のナウシカ/宮崎駿
映画の内容は漫画版の二巻くらいまでの内容である。もっと言えば内容自体もかなり違う。
最初は(主にコマ割り等が)ちょっと見辛さがあるが、慣れればかなり面白い。
映画とは全く違うナウシカを楽しめるぞ!

最後は賛否両論あるだろうが、ナウシカの行動を起こした気持ちはよく分かる。
巨神兵のオーマが突然精神年齢が上がり普通に喋りだした時はビックリした。

31位 夏目友人帳/緑川ゆき
主人公の夏目が祖母の遺品である「友人帳」を見付けてから、名を取り戻そうとする妖怪達に狙われたり名を返す日々を送る。
自称・用心棒の妖怪であるニャンコ先生が可愛い。アニメで動きが付くと更に可愛い。
斑の姿になるとイケメン。

夏目と様々な妖怪や人との出会い、切なくも暖かい物語が展開される。読後は心の毒が浄化されたような気持ちになる。
友人達や藤原夫妻が良い人過ぎる。

30位 デビルマン/永井豪
悪魔の力を手に入れた主人公、不動明が人間を守るためデーモン達との戦いに挑む。
要所々々での絵の迫力が凄く、すさまじい熱量と勢いを保ったまま最後まで駆け抜けた。
ジンメン編で既に「もう勘弁してくれ」と言わんばかりのダメージを心に負ったのに、後半それ以上の超展開が待っているとは恐ろしい限りである…
終盤の、人間に絶望した明の叫びが痛ましすぎる。

ラストの見開きは完璧。
49:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)12:43:15 sB9
29位 MASTERキートン/浦沢直樹
大学講師、探偵、元サバイバル教官と多くの顔を持つキートンを主人公に
社会情勢や考古学、キートンの家族である平賀家等をテーマにした人間ドラマが描かれる作品。
主人公のキャラクターが良く、色々な知識が出てくるのが見ていて楽しい。

28位 ミヨリの森/小田ひで次
母親は出ていき、父親の田舎の実家に預けられた妄想癖を持つひねくれ少女ミヨリが
田舎の人達や森の精霊達との交流を通し成長していく姿を描いた作品。
こういう絵柄が田舎の雰囲気が大好き。
初期は尖った一人言が多いし性格が丸くなってもやっぱりどこかひねくれている、そんなミヨリのキャラクターが好きだった。
全部で三部作ありどれも面白い。

27位 ワンピース/尾田栄一郎
小学生の頃からハマっていて、現在も毎週楽しみにしている説明不要の大人気海賊漫画。
つまらない、飽きてくる部分も結構あるが、全体で見ればやはり面白いところは面白い現在でも見せ場は非常に盛り上がる。さすがは長年ジャンプトップクラスの作品である。
いまだに様々なアイディアや個性的なキャラクターが生まれてくるのはマジで凄いと思う。

26位 世紀末リーダー伝たけし!/島袋光年
ワンピースと共に小学生時代ハマっていた作品。
ギャグ漫画だが、泣ける人情話や熱いバトルもあり、そのどれもがハイレベルで面白いと思っている。顔芸や台詞回しのセンスも抜群。
小学生なのにオッサンみたいな顔をしているたけしだが、だんだん本当に小学生に見えてくるのは不思議である。(たぶんデフォルメ的な絵柄になるからだと思われる)

ワイド版でちゃんと完結しています。
50:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)12:50:17 sB9
25位 ピンポン/松本大洋
卓球を題材とした青春スポ根漫画。
主人公の挫折や人間的成長、ヒーローとしての復活を描いた作品。
親友のスマイルを筆頭にその他の登場人物達も皆、魅力的であり変化や成長も描かれている。
最後のペコVSスマイルが凄く良いんだ。

24位 海街diary/吉田秋生
鎌倉に暮らす四姉妹と周りの人々との日常や人間ドラマを描いた作品。絵柄と雰囲気が好きでカラー絵も素晴らしい。
風太とすずの二人が凄い好きである。
すずちゃん可愛いよ。

最終回も最終回後の話も良かった。

23位 四月は君の嘘/新川直司
自分の弾く音が聞こえなくなり一度挫折した中学生のピアニストが、ヴァイオリニストの少女と出会ったことから再びピアノを弾き始め成長していく姿を描いた音楽や青春をテーマとした作品。
心に響く台詞の多い涙腺破壊兵器漫画。
演奏シーンの表現が圧巻で、音楽家達の生き様がカッコいい。

このタイトルに隠された意味も秀逸であり、ラストまで見たあと一から読み返すと面白さが倍増する。そして更に泣ける。
もう感想書いてるだけで泣きそう。

22位 彼方のアストラ/篠原健太
5012光年の彼方へ遭難してしまった9人の少年少女達が偶然発見した宇宙船に乗り、5つの惑星を経由しながら母星への帰還を目指すSFサバイバル漫画。
ミステリー要素もあり、半分ギャグ半分シリアスくらいで出来ている。
世界観、設定、ストーリーや惑星毎の描写に多数仕込まれた伏線などよく作られており、全5巻と短くまとまっていて完成度の高い作品である。
メインの子供達も皆好感の持てるいいキャラだ。

ガチガチのSFという訳ではないので、読む際には「王道的な少年漫画」として楽しむことをオススメしたい。

21位 ヒナまつり/大武政夫
超能力少女ヒナ、ヤクザの新田さんと周囲の愉快な人々を描いた酷いギャグ漫画。
最初の少し真面目そうな空気はどこへ行ったのか……声が出るレベルの笑いがたびたび襲ってくるため外で読むのはなるべく控えましょう。
また、キャラの積み重ねや成長、変化等をギャグに組み込むのが上手かったりする。
「テクニカル過ぎてキモい」「おいおい瞬殺だよ」など面白い台詞もたくさんある。
最初は一番ヤバイ奴だったヒナちゃんが今ではマトモな方のキャラに見えるという異常事態に。
(あくまで他のキャラと比べた場合であり、単体で見ればヒナは今でもただのバカです)
53:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)12:57:32 sB9
20位 ダイの大冒険/三条陸・稲田浩司
大魔王を倒すことを目的に魔王軍と戦いながら世界中を旅する、ドラクエを元にして描かれた作品。
熱くて泣ける王道少年漫画であり、「勇者とは何か」というテーマも扱っている。
大魔王から勧誘を受けた時のダイの答えはとても印象深い。
後半ダイが圧倒的な力を振るいつつも自分の暴力を「こんなものが正義であってたまるか!」と叫ぶシーンも良い。

ポップ、ハドラー、クロコダイン等かっこ良く魅力的なキャラが多数おり名場面と名言の宝庫である。

19位 赤灯えれじい/きらたかし
ヘタレな地味男のサトシと気性の荒い金髪ヤンキー女チーコの恋愛と日常を描いた純愛ラブコメディー。二人の掛け合いが見ていて面白い。
舞台が大阪で、登場人物のほとんどが関西弁なのに特に違和感なく普通に読めるのは地味に凄いと思う。
周りの人達がやけに現実にも居そうな人という感じなのも個人的に好き。
外伝や本編の最終回後を描いた「赤灯えれじい東京物語」も面白い。

18位 ちはやふる/末次由紀
競技カルタを題材にした青春スポ根漫画。
少女漫画だが、とても熱くてカッコいい作品である。競技中の描写はもはや少年バトル漫画の様。
また、登場人物が多い中で好感を持てるキャラクターが多数を占めており、嫌そうな感じで出てきた人物も気付けば良いキャラになっていたりする。
巻数が多いのに、面白さが落ちることはほとんどなく進むのが凄い。
原田先生と周防名人の戦いは名勝負だと思う。

17位 ARMS/皆川亮二・七月鏡一
エグリゴリと呼ばれる組織の陰謀に巻き込まれ、身体の一部に「ARMS」を移植された四人の少年少女達の戦いと成長を描いた作品。
言ってしまえば、敵を倒して更に強い敵が現れての繰り返しだが、熱くて泣けてカッコいい少年漫画に仕上がっている。
力が欲しいか?という台詞が有名な気がするが、それ以外にも名言や良い台詞が多いのだ。
設定や話もよく出来ており、謎が明かされていく辺りも面白い。
最後の章のARMS発動三連続見開きは超カッコいい。

主人公の両親が強すぎる。

16位 進撃の巨人/諌山創
現在、連載中の作品の中でも上位に入るレベルの作品だと思う。
随所に仕込まれた細かな伏線や練り込まれた設定に群像劇的な側面も持つ。
話の進め方も上手く
初期の襲ってくる巨人との戦いでエレンが巨人化して以降は「壁に潜入している敵のスパイ」「巨人や世界の謎」といったミステリー要素も追加されていったり、人間同士の戦いになったりと、進行と共に作品の雰囲気が変わりながらもそのどれもが面白い。
というか先に行くほど面白さが増していく。
謎のほとんどが明かされた今でも勢いが衰えることはない。

絵も初期は荒いがだんだん上手くなっており、勢いや迫力のあるアクション描写等はかなり上手い。

ライナー好きだけど、そろそろ彼を休ませてやって欲しい…
55:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)13:10:47 kSY
進撃10巻までは面白かったな
56:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)13:12:12 BCm
1位 火の鳥
57:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)13:21:13 6p8
一位ドラえもんかなあ
58:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)17:37:26 sB9
15位 真説 ザ・ワールド・イズ・マイン/新井英樹
主人公である二人組の殺人鬼トシモンと巨大な怪物ヒグマドンを中心に話が展開されていく、「何故人を殺してはいけないのか」をテーマとした作品。
最初は躊躇なく殺人を犯していたモンがあることをきっかけに人を殺せなくなり、トシは初めは殺しを躊躇していたのに後に平然と殺人を犯すようになるという対比が面白いと思う。
被害者、加害者家族にも焦点を当てており、トシの家族の話は特にヤバく救いなどは一切ない…

また登場人物も良く、善人とは言えずたまに過激だが言ってる事は正しい面白い総理大臣、ヒグマドンを倒そうとする名台詞たくさんのカッコいい猟師の爺さん、正義に生きる人や冷酷に徹する人とそれぞれ思想の違う警察官など、個性的な人物が多数登場する。
名前の無いモブにまで人間臭さがあるのが凄い。

暗いしグロいし人死に多すぎるしでかなり人を選ぶ過激な内容だが、その根っこには作者からの真剣で真っ当なメッセージが込められている。

14位 甘々と稲妻/雨隠ギド
半年前に妻を亡くした父親と娘が、料理屋の娘の女子高生と出会ったことから、定期的に3人で会うようになり様々な料理を作っていく話。料理初心者ばかりで丁寧に作っていく様子が良い。
1話目から「娘においしいご飯をたべさせてあげたいんです」という台詞と美味そうに食べる娘の様子で読者を泣かせに来る。
つむぎの子供らしさがよく描かれていて、たびたび面白い言動を取る。少しずつ成長していく姿も良い。

作った料理を幸せそうに食べるところが良く、犬塚親子の仲がどんどん深まっていく様子に感動できて、あと小鳥ちゃんが可愛い。

暖かい気持ちで読める良作である。

13位 スラムダンク/井上雄彦
画力もストーリーも非の打ち所がない、バスケを題材とした名作。週間連載でこの絵は凄い。
最初は晴子さん目的でバスケ部に入った桜木が、少しずつバスケにハマっていき「湘北に必要な男」と言わしめるまでに成長していく姿が良い。最後の山王戦での桜木は本当にカッコいい。
他のキャラ達も非常にイキイキしておりまるで本当に息をしているかのようである。
名台詞と名場面もたくさんあり、最後まで夢中になって楽しめた。

最後をダンクではなくでジャンプシュートで決めたところも、桜木の努力の成果が出ていて非常に良かったと思う。
59:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)17:48:04 sB9
12位 3月のライオン/羽海野チカ
プロ棋士の少年が、川本家の三姉妹や様々な棋士との交流を通して人間としても棋士としても成長していく姿を描いた作品。
少し変な方向に愉快にカッコ良く成長していく(そこがいい)。
またキャラそれぞれにもドラマがあり、群像劇としても面白い。
島田八段と柳原棋将の対局はとても印象深く、
二海堂や様々な棋士、川本家の人達の話も非常に良い。
ひなたが良い子過ぎて見てる方も泣きそうである。

対局ではバトル漫画のような熱さで男らしい雰囲気となり、川本家とのシーンでは基本的に優しく暖かい空気が流れる。
そのバランスが個人的に好きである。

11位 火の鳥/手塚治虫
漫画の神様の名作。編ごとに時代、舞台、主人公が違うが世界は全て繋がっている。
身体欠損により差別を受けていた強盗の我王と修行中の真面目な性格の仏師の二人の、大きく変化していく運命を描いた鳳凰編
蘇生手術で蘇るも人間が無機物のように見えてしまう主人公とロボット社会を描いた再生編
娯楽として殺し合いをさせられるクローンを描いた生命編
何もない惑星に降り立った男女と星の行く末を描いた望郷編
狼の皮を被らされた男を中心に人や神の戦いを描いた太陽編
などといったそれだけで名作と呼んで良いようなエピソードが多数あるが、全ての話がそうという訳でも無いのでこの順位。

特に好きなのは鳳凰編で、ラストの我王の台詞も凄く良い。
60:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)18:51:05 VZx
いよいよベスト10か きたい
61:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:04:23 sB9
10位 ヴィンランド・サガ/幸村誠
父親を殺され復讐に囚われていた主人公のトルフィンが海賊、奴隷と立場を転々としながら本当の戦士へと成長していく話。
平然と敵の命を奪う荒んだトルフィンの姿は見ていて悲しくなる。
この作品はリアルなヴァイキング生活も描かれており略奪・暴力は当たり前の、恐ろしい集団として描かれている。しかし、この時代はこれが普通だったのだ…怖い。

そして、奴隷編でトルフィンが自分の犯した罪とこれからやるべきことに気付き男らしく成長していく姿は熱くてカッコいい。
「暴力や復讐はダメ」というありがちな台詞も、口先だけの発言ではなく実際に様々なものを体験しその結果何も残らなかった彼が言うからこそ重みがある台詞になるのだ。

その後も真っ当な人間になろうと頑張っているのに色々な人達から目をつけられていくトルフィン……頑張れ。

9位 僕は問題ありません/宮崎夏次系
あからさまに問題ありそうなタイトルと表紙が目を奪う宮崎夏次系の短編集。
タイトルの言葉は2話目で出てきた台詞なのだが、最後まで読むと作品全体としてもこのタイトルがしっくりくるのだ。

どこか「欠け」があったり人と違う部分のある閉塞感を抱える人間達の、切なさと愛と希望の物語が描かれている。

どこかシュールで、テーマや話は重たく、でも前向きで読後が爽やかな独特の作風はこの作者にしか描けないと思う。
そして絵も一見下手っぽく見えるがよく見たらやっぱり上手いのが分かる。

他の短編集や作品も非常に面白い、まさに天才だと思う。
62:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:11:11 sB9
8位 鋼の錬金術師/荒川弘
母親を生き返らせようとして失敗し身体を失った兄弟が、元の身体に戻るため「賢者の石」を探しに旅に出る。
画力、ストーリー、設定、キャラ、アクション描写、充実した単行本のオマケページとカバー下などほぼ全てが高水準であり完成度の高い少年漫画である。

設定としては、主人公組は天才で初めから強いのだが、それ以上の大人キャラが多く出るのも良い点。カッコいいオジさんも多数居て活躍します。
ブラッドレイが強過ぎてラスボスよりも印象に残る。

最終巻はもう涙なしでは見れない。名作。

7位 それでも町は廻っている/石黒正数
探偵趣味でアホな女子高生、歩鳥を主人公に商店街や学校などを舞台に描かれた日常コメディー漫画。子供から老人まで幅広いキャラが登場する。
コメディだけでなく、ミステリー、SF(すこしふしぎ)、ホラー、人情話などもある。
作者の漫画力や構成力の高さも加わりどの話も安定して面白く、人物同士の掛け合いも良い。

時系列がバラバラになっているが、基本的にはその1話でちゃんとオチまで描かれるため特に気にしなくても楽しめるし、時系列を考察しながら読んでも面白い。人物同士の関係性の変化なども意外と細かく描かれていたり、読み直すと新たな発見があったりもする。
人によって様々な楽しみ方ができる漫画でもあるだろう。

最終巻の描きおろしエピソードも良かった。
63:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:14:08 1sE
すごい!このスレ保存しときたい
64:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:22:52 sB9
6位 今日から俺は!!/西森博之
転校をきっかけにツッパリになることを決めた三橋・伊藤と仲間達の三年間の高校生活を描いた漫画。
ギャグも笑えて、シリアス編では熱くて感動出来るどこを取っても面白い名作である。
自分が勝つ為なら手段を選ばない卑怯者の三橋、何故不良になったのかよく分からないくらい優しくカッコいい正義漢な伊藤と性格が逆な二人を主人公にしているのも面白いところだろう。
しかしシリアス編の三橋はカッコ良く仲間の為なら本気でキレる一面があり、最初は「嫌な奴だなぁ」と思っていても気が付いたらその卑怯な姿が良いキャラに見えてくる。
まあ基本的にはやっぱり悪いやつなんだけどな!(そんなところもまた面白い)
二人の友情や絆の深さを良く描写出来ている。

今井など中野など他にも個性的なキャラがたくさんいる。今井回はだいたい笑える。

あと、この絵柄なのに登場する女の子がいちいち可愛いく、特に理子ちゃんがすごい可愛い。
何でこんなに可愛いんだ?

5位 からくりサーカス/藤田和日郎
父親の遺産を相続し親族から命を狙われる勝、他人を笑わせないと発作が起こるゾナハ病を患う拳法家・鳴海、人形使いのしろがねの三人の出会いから物語が始まる。
「うしおととら」とどちらにするか迷ったが、好きな場面とキャラの多さでこちらにした。
途中からは、主人公2人がわかれて別々の場所を舞台に視点を交互に移しかえながら物語が進んでいく。

途中から色々言われる勝と鳴海であるが、自分はどちらも好きである。

凄まじい熱量と力のこもった絵に熱い台詞、多くの人間や自動人形達の生き様は読者の心を何度も大きく揺さぶってくる。
キャラを無駄に殺すような事はせずに、しっかりそれまでの生き様を描写した上で最期を描くのもこの良い。

複雑でいてしっかり作り込まれた壮大な設定やストーリーには引き込まれてしまう。
そしてラスボスの拗らせ変態っぷりは1周回って好きになってしまう。やってることは外道という言葉ですら生温いレベルなのに……

とても長いが最終回まで見た後には「読んでよかった」と心から思える名作。
最後のカーテンコールはとても感慨深い。
76:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)21:37:09 kSY
>>64
サハラ編のしろがねは使い捨て感あったけどな
77:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)21:39:34 sB9
>>76
まあ死ぬために出した感はあるけどちゃんと見せ場とかあったじゃない。
65:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:29:03 6p8
好きな作家の間違いなのか
70:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:34:50 sB9
>>65
好きな作家だったら、押切蓮介と宮崎夏次系と藤田和日郎がトップ3に入るから違うよ。
66:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:30:10 sB9
4位 寄生獣/岩明均
「漫画としての完成度」なら今まで読んだものの中でもトップレベルだと思っている作品。
高校生・新一、彼の右手に寄生するミギーと、寄生生物との戦いを描いている。
生命や人間、自然環境等もテーマとして扱っているが説教臭くはなりすぎず漫画としても面白い。
新一とミギーの間にだんだん絆が芽生えていきミギーの思考にも変化が表れていく様も良い。
同じく他の寄生生物とは違う感じに描かれている田村玲子の最期の話は何回読んでも泣いてしまう。

後藤との戦いの最後も「寄生生物も同じく必死に生きている」ということを強調しながらも、綺麗事やおこがましい考えでは終わらせない良い持っていき方だったと思う。
また「寄生獣」というタイトルにも複数の意味がありこれまた深い。


「そりゃ人間がそれだけヒマな動物だからさ。だがな、それこそが人間の最大の取り柄なんだ。心に余裕(ヒマ)がある生物。なんと素晴らしい!!」
という台詞がすごい好き。

3位 でろでろ/押切蓮介
気分としては1位にしてもいいぐらいに大好きな作品。
主人公で霊感体質を持つ不良・耳雄と妹の留渦をメインに描かれるホラーギャグ漫画。
猫好きでムッツリスケベな親友の委員長や、ガチャ○ンみたいな見た目をした妖怪・カントクなど面白いキャラが多い。
飼い犬のサイトーさんが可愛い。

オバケや妖怪、怪奇現象等を「あるあるネタ」と絡めながら展開されていく。服のロゴを読んで精神的ダメージを与えてくるオバケとかしょうもないネタが多いのに笑えて癖になる。

基本的にはギャグだがたまに良い話やガチのホラーもあり、日野兄妹と家族に関してのエピソードも泣ける。
どこかノスタルジックな雰囲気を演出するのも上手く、またこの頃から既にアクション描写には勢いがある。
そして留渦や相原さんなどの女の子キャラが総じて可愛い。

後にハイスコアガール、ゆうやみ特攻隊、ミスミソウ、サユリ、プピポ~!など数々の良作を生み出す片鱗が垣間見えている。

終わり方も爽やかな感じで良かった。
67:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:32:28 8W8
1位 のたり松太郎/ちばてつや

とか?ドキドキ
68:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:32:37 sB9
2位 天才柳沢教授の生活/山下和美
毎日を規則正しく暮らしルールを遵守して生きる大学教授、柳沢義則と様々な人達とのヒューマンドラマが描かれている作品。家族とのエピソードも凄く良い。
基本的には1話完結の形式で進んでいく。

柳沢教授は一見、表情の変化が少なく人情味が薄く見えるかも知れないが
実際は様々な人間らしい感情や愛情を持ち、物事に対してもほとんど偏見がない人物である。
彼の物事に対する見方や考え、捉え方はとても個性的で面白い。
見れば見るほど彼という人間が好きになっていく。

真面目でいてユーモアな感じがたまらない。
見たことのない人には是非読んでもらいたい名作である。

1位 ヨコハマ買い出し紀行/芦菜野ひとし
近未来の日本を舞台に、喫茶店カフェアルファの店主・アルファと様々な人との穏やかな話が描かれた作品。
SF的な側面もあり、海面が少しずつ上昇しており水没している場所もあったり、富士山の形が変わっていたり、現代には存在しない生物や植物がいたりする。

また主人公はロボットで作中の時間も少しずつ流れていくため、周りの人間は年を重ねていき子供達も大きくなっていく。
年月が経っても姿の変わらないアルファさんとどんどん成長していく子供達との対比には切ないものがある。

空気感や景色、外を歩く際の楽しい感じなども良く演出できていて散歩好きな自分には凄くハマった。
カラーの風景絵も良い。

好きな人ならとことんハマるタイプの作品。
69:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:33:06 sB9
終わりです、時間かかってすんませんでした
71:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:37:15 6p8
しかしブラックジャックもうしおととらも100位に入ってないが
72:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)19:41:39 sB9
>>71
まあ一人から一作品までだからね…制限つけなきゃ同じ作者からどんどん入れちゃうよ。
ブラックジャックも傑作だから迷ったが。
74:名無しさん@おーぷん:19/10/17(木)20:01:33 OJo
知ってる作品と知らない作品があるのが、読んでて面白い感覚だった
他人が持ってるテリトリーが交差する感じ
引用元:http://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/news4vip/1571197309
人気サイト更新情報
人気記事ランキング