1:Ttongsulian ★:2020/02/09(日) 11:11:07
2020-02-08 17:27
https://www.yna.co.kr/view/AKR20200208046600077

一時世界6位の富豪として君臨したインドの財閥が「現在保有する資産が無い」と訴えて話題だ。

8日タイムズ・オブ・インディアなど現地メディアによれば、アニル・アンバニ リライアンスグループ会長は前日イギリスの裁判所で「これまで投資した資産の価値が暴落して破産状態」として、このように書面で主張した。

アニル会長はこの日、中国工商銀行(ICBC)など中国系の銀行3ヶ所が提起した債務履行訴訟で「現負債を考慮すれば(私の)純資産はゼロ」と説明した。

続いて「債務履行のために流動化することができる意味ある資産が無い状況」と付け加えた。

ICBCなどはアニル会長が率いた通信会社リライアンス・コミュニケーションズに2012年9億2500万ドル規模の資金を貸したと明らかにした。

この銀行はアニル会長が当時個人的に債務を保証したと主張した。しかし、リライアンス・コミュニケーションズは去年破産手続きに突入した。

銀行側は「主張と異なり、アニルはプライベートジェット・ヘリコプター・300万ドル分の高級車を持っており、妻には5600万ドルのヨットをプレゼントするなど豪華な生活をしている」と明らかにした。

これにイギリスの裁判所はアニルに6週間以内にICBCなどに1億ドルを返しなさいと命じた。

現在アジア最高の富豪であるムケシュ・アンバニ リライアンス・インダストリー会長の弟であるアニルは2008年だけでも420億ドルの資産で世界富豪ランキング6位に上がるほど莫大な財産を持っていた。

アニルはグループ創業者である父親ディルバイ・アンバニが2002年に死亡すると兄と経営権紛争をして没落の道を歩み始めた。

彼は紛争初期に母親の仲裁で電力、通信、金融部門を引き継ぐことになった。

兄は主力である石油、ガス、石油化学部分を持って行く代わりに弟の領域である通信分野に進出しないことで合意した。

しかし、インドの移動通信市場が急激に成長するとムケシュは2016年リライアンス・ジオを設立して、移動通信市場に進出した。

リライアンス・ジオは無料4Gフィーチャーフォンである『ジオフォン』と無料音声通話、安いデータ使用料を掲げて、サービスを開始してから2年も経たずに1億5000万人を超える加入者を確保した。

昨年末にはインド最大の通信会社に生まれ変わった。

このようなリライアオンス・ジオの攻撃的な『無料』マーケティングでインドのモバイル市場の競争が激しくなって、リライアンス・コミュニケーションズは脆くも崩れ去ってしまった。

渦中のアニルは金融、エンターテイメント、不動産など多くの分野に天文学的な規模の投資を続けて行ったが、ほとんどで大きく失敗してしまった。

結局アニルは途方もない資産を全て吹き飛ばして、今は自力で再起するのが難しい境遇にまで至ってしまったといのが財界の衆論だ。

アニルは去年にもリライアンス・コミュニケーションズの債務と関連して収監の危機にまで行った。当時は兄が7700万ドルを支援してくれて危機から脱した。


Anil Ambani tells UK court his ‘net worth is zero’ despite fleet of cars, private jet and yacht
https://timesofindia.indiatimes.com/business/india-business/anil-ambani-tells-uk-court-his-net-worth-is-zero-despite-fleet-of-cars-private-jet-and-yacht/articleshow/74017394.cms


2:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 11:16:05
商才の才能が無いよ
3:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 11:19:48
腹痛が痛い、みたいな
4:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 11:20:09
"盛者必衰のことわりをあらわす"というのですかね。
5:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 11:29:06
大金持ちにとっちゃ資産ゼロからプラマイ100億くらいは誤差ってことじゃね
6:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 11:30:56
>>1
中国や世界中でこういう案件が続発する日は近い
8:[JP]:2020/02/09(日) 11:31:57
インド人の言うことだからウソに決まってるだろアホらし
9:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 11:37:09
兄は主力である石油、ガス、石油化学部分を持って行く代わりに弟の領域である通信分野に進出しないことで合意した。

兄の裏切りか
40:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 17:21:45.74 ID:5NE3IFue.net
>>9
通信分野に進出しないって約束は破ったけれども

> アニルは去年にもリライアンス・コミュニケーションズの債務と
> 関連して収監の危機にまで行った。当時は兄が7700万ドルを支援
> してくれて危機から脱した

とあるから、兄貴も鬼じゃないと思うな
弟に商才がなかったんじゃないか
10:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 11:52:44
話がデカすぎて、おれには何も言えない。
どうやら、お家騒動の話があるみたいだね。
11:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 13:33:04.32 ID:uRrfDCNi.net
無能オブ無能
15:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 14:22:46
ホリエモンが言ってたけど社長ってバカ多いんだって。
戦略的な運営しないで色々手出して当たったりすると結果会社がでかくなってるみたいな。
43:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 20:36:32.11 ID:X5MhSdHe.net
>>15
よくわかんねえけど結婚と同じで
コスパ!コスパ!コスパ!とかなにかに
憑かれたようにいってるやつにかぎって
会社なんかでかくできなさそうとは思う
47:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 22:06:42.93 ID:8pyGT4/2.net
>>15
お利口さんだと起業なんてリスクのデカいこと出来ないだろうから、
そういう意味ではバカ多いわな
バカじゃないと起業なんて出来ない
バカで出来ず、利口で出来ず、中途半端でなお出来ず
16:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 14:33:35.57 ID:ahTYFPVF.net
あのひともお金バラまいてるとこうなるかも
17:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 14:37:59.30 ID:6+KwSPpX.net
インド人が得意なのは算数と料理だけ
20:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 15:25:42
インドもまた、中東と同じく、社会構造が中世のままなんだよ。

つまり、NHK大河ドラマの戦国の世と同じな。
覇権を握る武士同士が国を奪い合うイクサを続けるいっぽうで
一般庶民は家畜同然に翻弄され貧しい。

その覇権争いは、兄弟親子を問わず繰り広げられてる。
アニル兄弟も似たようなことじゃね?

一介の油売りから大名にのし上がった斎藤道三も
息子によって討たれて消えた。
21:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 15:44:36.22 ID:JbJ3L3Ej.net
>>1
裕福な暮らしというのは金を所有するのではなく右から左に流すことで得るもんだからな
金を自分の懐に留めておく必要はない
25:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 16:24:33.33 ID:5aSQk9ar.net
>>21
右から左に流す毎に税金で何割も目減りしてくんだからそりゃ手許に置いておきたくなりますわ
22:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 15:48:17.59 ID:X5at8e9F.net
ぷよぷよみたいなもんか
45:七つの海の名無しさん:2020/02/09(日) 21:43:05.97 ID:RBPpAzOi.net
兄は商才あるけど弟には無かった
弟が後を継いでたら財閥自体が無くなってたなw
【インド】2008年に420億ドルの資産で『世界6位』だった大金持ちが今は一文無し?[02/08]
引用元:http://anago.2ch.sc/test/read.cgi/news5plus/1581214267
人気サイト更新情報
人気記事ランキング
人気記事ランキングを全て表示する