2:ななし
だって痛いじゃん
だんだん痛くないように進化したんだよ
3:ななし
切腹だけじゃなかなか死ねないからその後に自分で頸動脈斬ってたけどそれじゃ辛すぎねって事で介錯が発生したんだろ
そんなんいらないねって人は介錯無用と宣言して腹切ってた
6:ななし
処刑する側もさっさと片付けたいだろ


7:ななし
三島由紀夫の首は何度も介錯失敗した痕跡があったらしいね
介錯した熟成が未熟なのか三島が痛さかでのたうち回ったからかはわからんけど
何にせよその凄惨な生首見て川端康成が病んでしまい自分もガス自殺するんだから日本史の大事件だ
8:ななし
だから介錯人なんて仕事があったんだろうなあ
11:ななし
こういう漫画のよりもっとやばいのが堺事件

サムライたちが不当な裁判で切腹命令
15人くらいが順番に自分で腹切って内臓引き抜いて見せつけて
そのあまりの形相と希薄にフランス人達は途中退席多数
あまりのえげつなさに4人目くらいで中止になったという
13:ななし
>>11
調べたら土佐藩士だった(笑)
土佐ってヤバい奴らばっかだったんだな
31:ななし
>>13
アルコールでめちゃくちゃハイテンションだったんだろうな


22:ななし
首切りの名人が居たんよ
23:ななし
シグルイの臓物を自分で引き出す奴はエグかったな
てか普通死にそうだが
24:ななし
ギロチンのほうが確実に首落とせる
25:ななし
見た事ある人居るんですか?
26:ななし
ギロチンてたしかすぐ死ねないように刃がボロボロだったらしいな
27:ななし
>>26
逆だ
死刑囚を拷問での苦痛なく死なせるために開発された
28:ななし
>>27
作った人もギロチンで死んだんだよな
30:ななし
>>28
提唱者のギヨタンも開発者のルイ医師も死んでない
32:ななし
>>28
それはファラリスの雄牛では
33:ななし
>>27
そうか?
いつまでも苦しませるために殺さないようにしてたらしいけど
35:ななし
>>33
…?
38:ななし: ID:+GcfVS/Kd.net
>>33
元々、首に刃を落とす「断頭機」は存在したのよ
「メイドン」とか「ハリファックス処刑台」とか

フランス啓蒙主義で「貴族も平民も平等に苦痛の無い方法で処刑されるべきだ」とギヨタン議員が提唱して
その理念に沿ってルイ医師が考案したものがギロチン

最大の特徴は刃を斜めにした事で
これによってむしろ従来の断頭機と比較して飛躍的に切れ味が増してる
34:ななし
あくまで自分で腹を斬るというその動作が大事なんだよね
武士としての誇りがどうたら
逆にこいつは武士じゃねーわってなったら切腹もさせない
14:ななし
ホント現代に生まれてよかった
江戸時代の切腹て刀を腹に当てた時点で首切ってたらしいけど
引用元:http://viper.2ch.sc/test/read.cgi/news4vip/1653592680
人気サイト更新情報
人気記事ランキング