1: ストレッチプラム(東日本)@\(^o^)/:2016/03/14(月) 06:17:50.21 ID:/SB5mv8i0.net
スマートフォン(スマホ)で最初にネットに触れる「スマホネーティブ」世代を中心に若者のパソコン離れが進んでいる。長年にわたって
日本人の情報行動を分析している東京大学大学院情報学環の橋元良明教授に、若者のパソコン離れの現状や、今後の懸念などについて聞いた。
(聞き手は本田幸久)

――若者世代の情報行動の変化について、どう分析していますか。

「私たちは1995年から5年おきに2015年まで、全国の13~69歳(95年のみ13~59歳)の男女を対象に情報行動の大規模調査を続けてきた。
結果をみると、近年はとくに10~20代でスマホなどのモバイル端末を通じたインターネットの利用時間が大きく増えている。用途はソーシャルメディアが圧倒的に多い」

「2010年を過ぎたあたりからスマホの使い勝手が非常に良くなり、11年には若者に人気の無料対話アプリ『LINE』がサービスを開始したことも影響しているだろう。
20代ではまだパソコンを利用する時間も一定量あるが、とくに10代でのパソコン離れが著しい。パソコンは立ち上げるのに時間がかかるうえに重くてかさばり、
価格も高額だ。多くの若者にとってほとんどの用途はスマホだけで足りてしまうので、あえてパソコンを持つ必要がなくなっている」

http://www.nikkei.com/article/DGXMZO98209890Z00C16A3I00000/
2: ドラゴンスクリュー(茸)@\(^o^)/:2016/03/14(月) 06:23:47.51 ID:Pbo1rxIa0.net
Windowsが酷いからな