1:みつを ★:2018/10/22(月) 01:50:02.98 ID:CAP_USER9.net
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20181021/k10011680161000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_026

ヘリから落下の生コンクリート 場所を特定できず 高知
2018年10月21日 18時22分

20日、四国電力の鉄塔工事のためヘリコプターが容器に入れて運んでいた生コンクリートが高知県内の山に落下したことを受けて、21日、四国電力などが山を調べましたが、場所の特定はできませんでした。国の運輸安全委員会は22日、現地で調査を始め、落下の原因などを調べることにしています。

20日午後、四国電力の鉄塔工事のため、ヘリコプターが容器に入れてつり下げて運んでいた重さおよそ600キロの生コンクリートが高知県大豊町の山に落下しました。

四国電力によりますと、落下した場所を特定するため、ヘリコプターを運航していた福岡市の西日本空輸などとともに21日、山を歩いて調べましたが特定できませんでした。

ドローンを使い上空からも確認しましたが、手がかりは見つからなかったということです。

※全文はソースで