1:名無しさん@涙目です。:NG NG
仕事などで毎日が忙しく、十分に咀嚼せず、食物を早く飲み込み、食事のスピードが速いという人は少なくない。しかし、
早食いが体がもたらす影響は大きいので、注意が必要だ。早食いが原因で肥満になったり、血糖変動が大きくなり2型糖尿病を発症しやすくなる。

食事に15分以上かけることが必要

早食いの人は体が満腹を感じる前に、食べる量が多くなりがちになる。満腹中枢が血糖値の上昇を感知するまでに約15分かかるとされている。
食べ過ぎを改善するためには、最低でも15分以上かけて食事をすることが大切だ。

早食いは糖尿病や肥満のリスクを高める

ゆっくりと食べると糖尿病リスクが低下

1 ひと口の量を減らす

2 食事の時間に余裕をもつ

3 まずは噛む回数を5回増やす

4 食材は大きく、厚めに切る

5 歯ごたえのある食材を選ぶ

6 薄味にする

続き
http://www.dm-net.co.jp/calendar/2017/027526.php