1.:和三盆 ★:2021/04/20(火) 22:56:47.57 ID:OuFwA7yU9.net
アトピー性皮膚炎は、アレルギー体質を持っており皮膚のバリアが弱い人が、さらに環境の影響も受けて発症する。強い痒みの症状があることが特徴だ。痒みを我慢することは難しく、掻いてしまうことで症状が悪化し悪循環に陥りやすい。九州大学は15日、アトピー性皮膚炎の痒みを起こす物質の合成を阻害する化合物を、新たに開発したことを発表した。この化合物により「痒みを大元から断つ」治療が可能となることが期待される。

今回の研究は、九州大学の福井宣規 主幹教授、宇留野武人 准教授、國村和史 特任助教、 上加世田泰久大学院生らのグループにより行われ、4月2 日に米国科学雑誌「Journal of Allergy and Clinical Immunology」に掲載された。

 痒みが起こるメカニズムは、まだ完全には明らかになっていない。原因の1つとして、血液中の免疫細胞の1つである肥満細胞が放出するヒスタミンによる痒みが知られている。虫刺されで生じる痒みはその例の1つだ。虫に刺されによる外来の異物をやっつけようと集まってきた免疫細胞が出すヒスタミンで、痒みが起こる。この痒みを抑える薬として知られているのが抗ヒスタミン剤だ。

 しかしアトピーによる痒みに対しては、抗ヒスタミン剤がほとんど効かないため、ヒスタミン以外の物質がアトピーの痒みを引き起こしていると考えられている。これまでの研究では、その痒みの原因となっているのが、IL-31というヘルパーT細胞が産生する物質であることがわかってきていた。

※リンク先に全文

https://news.livedoor.com/lite/article_detail_amp/20056368/

2:ニューノーマルの名無しさん:2021/04/20(火) 22:57:17.20 ID:WBccicOw0.net
ほんまか?
5:ニューノーマルの名無しさん:2021/04/20(火) 23:00:07.98 ID:JKpkuBQz0.net
。゚(゚´Д`゚)゚。花粉症治るの?うれびー
6:ニューノーマルの名無しさん:2021/04/20(火) 23:00:13.34 ID:8kSQUmb+0.net
デュピクセントの薬価が下がれば治るしどうでもいいんじゃ

8:ニューノーマルの名無しさん:2021/04/20(火) 23:04:03.72 ID:AsVID+H50.net
>>6
それは炎症を抑える
炎症反応そのものを抑え込むから、風邪やちょっとした怪我でもかなりやられるよ