1:コモドドラゴン ★:2017/06/19(月) 17:20:06.43 ID:CAP_USER9.net
子どもの虫歯の割合は、親の学歴によって差があり、子どもの成長につれて差が広がるという調査結果を、東北大の研究グループがまとめた。家庭環境によって健康格差が大きくなることを示しており、研究者は公的な支援の必要性を指摘している。

 子どもの虫歯は、親の学歴や収入と関わりがあると言われているが、この格差が子どもの成長につれてどうなるかは、あまり研究されていないという。

2017年6月19日12時2分 朝日新聞
http://www.asahi.com/sp/articles/ASK5S73BKK5SUBQU01W.html?iref=sp_new_news_list_n