1:名無しさん@涙目です。:2018/04/21(土) 13:29:03.38 ID:NQoGpzmQ0
 
オーストリアのウィーン自然史博物館など国際研究チームは、マレー諸島ボルネオ島で、
最近新たに発見された新種のアリを発表。

このアリは変わった特徴を持っており「自爆アリ」と呼ばれている。自爆アリは自分たちの巣に
蜘蛛などの敵が侵入してきた際に、自分の体を爆発し犠牲にして敵を傷付けたりまたは殺して
巣を守るという特徴を持っている種類。

今回発見された新種の自爆アリは巣に侵入者が入って来て脅威を感じたら、腹部の筋肉が著しく収縮する。
これはこれは外皮が破れ爆発するまでの準備段階である。

この爆発で、働きアリは即死し、このときに毒性のある性黄色体液が敵に散乱される。
この液体はありの顎(あご)のの後ろにある分泌器官で生成される。また基本的に爆発するのは働きアリの役目で、
それを処理するのは兵隊アリだという。

http://gogotsu.com/archives/39249