1:ちくわ部φ ★ :2017/08/19(土) 14:28:00.75 ID:9.net
2017年8月18日、韓国・釜山(プサン)のマンションでエレベーターが故障し女性が中に閉じ込められる事故が発生したが、エレベーターの破損を懸念したマンション管理所長が救助を遅らせたために被害者の女性が失神してしまう騒動があった。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

釜山南部警察署によると、16日午後7時ごろ、釜山市内のマンション1階からAさんがエレベーターに乗り扉が閉まった直後、エレベーターがそのまま動かなくなった。Aさんはすぐに非常ベルを押して管理事務所に救助を要請、8分後にマンションの保安要員がやって来た。しかしそこでは何の措置も取られず、Aさんは結局119番に通報しレスキュー隊が出動、隊員らが装置を使ってエレベーターの扉をこじ開けようとしたところで、今度はマンション管理所長のBさんがこの作業を止めさせた。Bさんは、エレベーターが壊れることを心配したのだ。

困ったAさんは夫に電話、驚いた夫が30分後に現場に到着し大声を上げると、ようやくレスキュー隊がドアをこじ開けた。閉じ込められてから約45分、ドアが開いた時にはAさんはすでに気を失っており、すぐに病院に運ばれた。

警察関係者によると、レスキュー隊が「エレベーターを損傷することなくドアを開けることができる」と現場で説明したが、Bさんが納得しなかったとみられるという。事故後、エレベーターは地下2階まで落ちてさらに大事故につながりかねない状況だったことが判明した。警察はBさんを業務上過失致傷の容疑で立件するか検討中とのことだ。

この驚きの出来事に、韓国のネットユーザーからは「お金より人が先でしょ」「まったく頭に来る話だ」「人の命とエレベーターとどっちが大事か、そんなに判断が難しい問題?」とあきれたような声や怒りの声が7000件余り寄せられている。



 
※全文はソースで

http://www.recordchina.co.jp/b188004-s0-c30.html