1: トラースキック(神奈川県)@\(^o^)/ [GB]:2017/01/09(月) 15:52:10.63 ID:BbZ09CSx0.net


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170109-00010001-bfj-soci&p=1

全く荒れない被災地の成人式 南三陸町の若者は「今度は自分たちが支えになる」と誓う

全く荒れない成人式がある。1月8日、宮城県南三陸町。2011年3月の東日本大震災で、最も被害が大きかった町の一つでこの日、184人が成人を迎えた。

スーツや振袖姿に身を包んだ参加者たちが被災したのは、中学2年生の時だ。激しい揺れと、町の中心部を飲み込んだ津波で、死者・行方不明者832人、建物の約6割が全壊した。

同級生たちの中には、震災後に家族とともに南三陸を離れた人もいる。しかし、この日は「苦しかった時を一緒に過ごした友達と一緒に成人式を迎えたい」と遠方から参加する人もいた。

町役場の職員たちによると、震災が起こる前は、荒れる成人式とまではいかなくても、私語でざわついたり、久しぶりに会う友人同士ではしゃいだりする姿があったという。