1: フライングニールキック(やわらか銀行)@\(^o^)/ [ニダ]:2017/01/29(日) 16:18:56.94 ID:TiBvVjTo0.net


深夜帯でも大コケ?剛力彩芽に囁かれる”主演女優”としての限界点
2017/1/29 12:05 デイリーニュースオンライン

女優・剛力彩芽(24)の主演ドラマがまたもや悲惨な記録を叩きだしている。1月18日より、剛力彩芽が主演を
つとめる『レンタルの恋』(TBS系)がスタートした。この初回視聴率が1.3%(ビデオリサーチ調べ・関東地区/以下同)
と、“低視聴率女優”とも揶揄される大コケの結果となってしまったのだ。

 本作は、どんなリクエストにも答える「最強のレンタル彼女」を演じている剛力に、「レンタル彼女」の 利用客である男性が恋に落ちる姿を描いたラブコメディーだ。劇中では剛力が様々なコスプレに挑戦することで、 放送開始前から話題を集めていた本作であるが、深夜ドラマの中でも異例の低視聴率に、関係者は昨年放送された
『ドクターカー』(日本テレビ系)の悪夢が蘇ると語る。

「このところ視聴率が取れない剛力は、プライムタイム以降の深夜ドラマを中心に出演を絞り込んでいました。
しかしその結果、昨年に出演していた『ドクターカー』の平均視聴率も3.5%と、きわめて不調。同時間帯枠は、 これまでも平均視聴率も2%台と決して高くない数字でしたが、それを下回る今回の結果に、制作陣はさらに 視聴率が降下することに怯えているようです」(芸能関係者)

 ことごとくヒットドラマに恵まれない剛力の嫌われっぷりには驚きを隠せない。ネットユーザーの間では 「ヒット作はワンダーコアスマートのCM」とまで言われる始末だ。深夜枠を活かした色気を使った内容にも関わらず、 いまだ低視聴率女王ぶりを発揮しているようだ。
>>続く
http://netallica.yahoo.co.jp/news/20170129-72345546-dailynewsq