1:名無しさん@涙目です。:2017/10/27(金) 22:33:46.76 ID:EdgqDGYp0
知人女性の殺害など7つの罪に問われた名古屋大学の元女子学生。

 一審で無期懲役の判決を受けましたが、27日、およそ7か月ぶりに法廷で心境を語りました。

 名古屋高裁の法廷で自らの心境を語った元女子学生。

 果たして何を述べたのでしょう。

 判決などによりますと、元女子学生は19歳だった2014年に知人女性を殺害した罪や、高校生だった2012年に同級生の男女2人に劇物の硫酸タリウムを飲ませた殺人未遂など、合わせて7つの罪に問われています。

 一審の名古屋地裁は、元女子学生の責任能力を認め無期懲役を言い渡しましたが、弁護側は判決内容に「事実誤認がある」として控訴。

 弁護側は、「責任能力はなかった」と改めて無罪を主張。

 検察側は控訴棄却を求めています。

 27日の被告人質問で元女子学生は、「人を殺さない自分になるために控訴した。刑務所では療育が受けられる根拠がないと弁護士に言われた」、「今でも多い時は1日に10回以上人を殺したいと思う。人の手を借りながらでも人を殺さない自分を探していきたい」と心境を語りました。


※全文はソースで
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171027-00004602-cbcv-soci