1:名無しさん@涙目です。(pc?)@\(^o^)/(初段) [US]:NG NG.net
欅坂46の楽曲にスカートの切り裂き被害者がNO 署名活動を開始

アイドルグループ欅坂46の楽曲『月曜日の朝、スカートを切られた』の歌詞に対し、過去、スカートの切り裂き被害に遭った人が異
を唱えている。署名活動サイト「change.org」では、同曲で傷つく人が増えないようにしたいとの思いを持った女性が、署名活動を
始めた。

「欅坂が好きだった私ですが、この曲が気持ち悪くてファンをやめました」

この曲は7月19日発売のアルバム「真っ白なものは汚したくなる」に収録されている。MVは同グループのYouTubeチャンネルでのみ公
開されている。暗めの曲調で、学校や社会への違和感と、それに対する自分の無力さを気だるげに歌っており、歌詞は「大人になる
ため嘘に慣れろ!」「残りの人生目立たないように息を止めろ!」など、周囲の抑圧に対抗せず、無難にやり過ごすことを良しとす
る内容だ。プロデューサーの秋元康氏が作詞した。

「【欅坂46】月曜日の朝、スカートを切られた の曲で傷つく人が増えないようにしたい」とする署名活動を始めた女性が特に問題を
感じたのは、サビに出てくる

「月曜日の朝、スカートを切られた 通学電車の誰かにやられたんだろう どこかの暗闇でストレス溜め込んで 憂さ晴らしか 私
は悲鳴なんか上げない」

のフレーズだと見られる。女性は2年前、入学したての学校の制服を着て電車に乗っていたところ、スカート切り裂きの被害に遭った
。その一件以来、その路線に乗るのが憂鬱だと話す。

後日犯人は逮捕されたそうだが、「この曲をテレビで紹介しているときに嫌な思い出が蘇り電車に乗るのがまた怖くなりました。い
まは落ち着いてますがとても怖いです」と、心境を吐露する。



と綴る。7月31日13時時点で1700人以上の署名が集まっており、

「欅坂が好きだった私ですが、この曲が気持ち悪くてファンをやめました」
「被害者感情を軽視しているだけでなく、犯罪被害をまるで大したことではないかの様に扱い、被害を訴え辛くさせかねない」

と、賛同の声も多数寄せられている。

「私は悲鳴なんか上げない」と「盗んだバイクで走り出す」の違い
一方ネットでは、この署名活動が「言論統制と同じ」という意見も出ている。スカートの切り裂きは尾崎豊の『15の夜』内の一節「
盗んだバイクで走り出す」と同じ犯罪行為だが、署名活動をするほど目くじらを立てなくても良いのでは、という見方だ。
つづく
http://news.livedoor.com/article/detail/13410581/

欅坂46 『月曜日の朝、スカートを切られた』



画像