1: シューティングスタープレス(長屋)@\(^o^)/:2016/08/17(水) 09:43:14.12 ID:UomDkH/Z0.net
ロボット掃除機ルンバがペットのフンを床一面に塗りたくる大惨事が世界的に発生中
http://gigazine.net/news/20160816-poopocalypse/



予約しておけば好きな時間に部屋中をくまなく掃除してくれるロボット掃除機は非常に便利です。
しかし、いくら賢いロボット掃除機であってもゴミとペットのフンを区別することは不可能で、ペットのフンを取り込んだルンバによって、床中にフンを塗りたくられるという悲劇が、世界中のペット愛好家の家庭で発生していることが明らかになっています。

悲劇をFacebookで告白したのはアメリカ・アカンソーン州に住むジェシー・ニュートンさん。
彼は、自宅で愛犬のEvieを飼っていて、ペットの毛を回収する目的でロボット掃除機Roomba(ルンバ)を導入していました。

家族が寝静まった頃を見計らって、深夜1時30分にルンバのタイマーを設定していたニュートンさんでしたが、ある晩、Evieを犬小屋に移すのをうっかり忘れて寝てしまったとのこと。
運の悪いことに、Evieは深夜0時から1時30分までの間に、リビングルームでフンをしたそうです。

その結果は以下の図の通り。ルンバは床や家具の足にフンを塗りたくって"クリーニング"を完了。
朝、起きたニュートンさんは、やけに茶色がかってべたつく床と、ただよう異臭に異変を感じた直後に、事態を把握したそうです。
(略)