1:名無しさん@涙目です。:NG NG
指に光を当てるだけで血糖値を測定できる技術を開発したと、量子科学技術研究開発機構のチームが 18日発表した。糖尿病の患者が針を刺す採血の痛みを感じることなく、手軽に血糖値を調べる測定器の 実現につながるという。国から医療機器の承認を受ける必要があり、5年後の一般向け販売を目指している。

 同機構関西光科学研究所(京都府)の山川考一さんによると、現在は指に小さな針を刺してわずかな 血を採り、小型センサーで血糖値を測る測定器が主流。感染症の危険もあるほか、使い捨て針の 交換などで年間約20万円かかる。このため患者の負担が軽く、簡単に測る方法が望まれている。

 チームは血液中の糖「グルコース」だけを捉える光の発生装置を小型化して応用した。電源部分を 除く試作品は縦15センチ、横10センチ、高さ5センチ。光を発するくぼみに指を置くと5秒で計測できる。
将来はスマートフォンのサイズまで小さくする。販売価格は高額になりそうで、月1万2000円程度で 貸し出すレンタル方式も想定している。

※ソースに画像
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201708/CK2017081902000135.html