1:ニライカナイφ ★:2018/07/30(月) 14:47:08.33 ID:CAP_USER9.net
◆赤ちゃん専用「夜泣き外来」 親の精神的負担緩和にも期待

赤ちゃんは夜中にしばしば目を覚ましてよく泣き、不機嫌になる。
このような睡眠障害が疑われる乳幼児を対象とした「夜泣き外来」が7月、兵庫県立リハビリテーション中央病院(神戸市西区曙町)に開設された。

発達障害の予防や早期発見にもつながるほか、眠れない親の精神的負担を和らげて虐待防止にも効果が期待される。
全国的にも珍しい診療部門という。

乳幼児の睡眠障害は運動や言葉の発達を遅らせ、注意欠如多動性障害(ADHD)やコミュニケーション障害、自閉症に似た症状を示すことが報告されている。
医療が関わるべき問題だとして、同病院子どもの睡眠と発達医療センター長の菊池清医師(66)を中心に専門外来を立ち上げた。


 

※全文・画像はソースで
https://www.kobe-np.co.jp/news/iryou/201807/0011494149.shtml