1: ジャンピングパワーボム(タイ)@\(^o^)/:2016/05/10(火) 18:39:34.15 ID:0DLPJgWJ0
防犯カメラ等の機器の性能が上がったせいか、防犯カメラの設置される機会が増えたせいか、
2000年代から「防犯カメラが捉えた奇妙な生物」の報告例が増えてきた。

「モルガン・ビースト」を始めとする新種の未確認生物は、こういった防犯カメラの暗視機能で撮影され、
録画を確認して発見されることが多い。

2011年3月28日深夜2時ごろ、アメリカのカリフォルニア州ヨセミテ国立公園の監視カメラが夜間に
奇妙な生物の姿を捉え、話題となった。



2010年に別の地域でも同様の生物が撮影されていたことが判明、現地のネーティブアメリカンの伝説に
登場する、森のなかで暮らす夜行性の守り神にちなみ「ナイトクローラー」と呼ばれるようになった。
また、歩く姿が棒人間のように見えることから、「スティックマン」とも呼ばれている。

動画



記事全文は以下ソース
http://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20160510/TokyoSports_538821.html