1:◆qQDmM1OH5Q46:2016/03/29(火)14:42:01 ???
火星の重力マップ公開、驚きの新事実が明るみに
探査衛星3機16年分のデータを解析、NASAが作成

新たに作成されたカラフルな火星地図は、場所による重力のばらつきを示している。
白く見えるのはタルシス三山などの重力が大きい領域で、
青く見えるのは峡谷などの重力が小さい領域だ。(MIT/UMBC-CRESST/GSFC)



 このほど米NASAが火星の重力データを使って地図を作成し、公開した。
美しいだけでなく、火星内部の核から周囲の大気まで、目で見ただけではわからない
地質学的な詳しい特徴が新たに示されている。

 米マサチューセッツ工科大学のアントニオ・ジェノバ氏らは、
火星探査衛星3機16年分の軌道データを分析し、軌道と速度のふらつきから、
位置による重力のばらつきを明らかにした。3月5日に科学誌「Icarus」に発表された火星の地図は、
太陽系で最も高い山であるオリンポス火山の頂上からマリネリス峡谷の底まで、
この重力のごくわずかな違いを画像として示したものだ。(参考記事:「オリンポス山、“太陽系最大”を返上?」)

続き ナショナルジオグラフィック
http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/032800113/


◆◆◆ニュー速+ 記事情報提供スレ 40◆◆◆
http://uni.open2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1458308273/785