1 稲妻レッグラリアット(徳島県)@\(^o^)/2015/03/14(土) 19:56:03.70 ID:J8MDSdZ+0.net
【なんだってー!】今後、地球上で6回目の生物大量絶滅が起きるかもしれない
今年は「13日の金曜日」が年に3度もやってくるなど、不吉な年とも言われています。
そんな中、世界各地の超常現象や人類の危機を暴くメルマガ「MMR極秘マガジン」では、
今後「人災」による地球滅亡が起きるかもしれない、と警鐘を鳴らしています。

驚愕! 人類滅亡警鐘レポート 次の大量絶滅は「人災」によってもたらされる!
MMR極秘マガジン Vol.21より一部抜粋
スタンフォード大学の生物学科教授、ロドリオ・ディアゾ氏によれば、西暦1500年から現在まで、
約320種類の脊椎動物が絶滅しており、各生物種の個体数も平均25パーセント減少しているという。
生物が目に見えて減っているのだ。

「このまま進めば、地球上で6回目の生物大量絶滅を引き起こしかねない」
ディアゾ氏はそう指摘する。

かつて恐竜を滅ぼした大量絶滅の要因は、隕石の衝突であったといわれている。
しかし、今回の絶滅は「人災」だ。

われわれ人類に責任がある。

古生物学者たちの主張によれば、人類20万年の歴史の中で、人間はおよそ1,000種の生物を乱獲や
駆除によって絶滅へ追いやってきた。

16世紀以降だけでも、人類はリョコウバト(passenger pigeon)やタスマニアン・タイガー(thylacine)
などを含む貴重な数百種もの動物を、自らの手で根絶してしまっている。
国際自然保護連合(International Union for the Conservation of Nature)によれば、
現在も約2万種の生物が絶滅の危機に瀕しているということだ。
この「人災」は乱獲や駆除によるものだけではない。
もっとも大きいのは、生息地の破壊や過度の土地開発、つまり自然破壊だ。

http://www.mag2.com/p/news/9636 👀