1 ショルダーアームブリーカー(catv?)@\(^o^)/2015/01/15(木) 10:31:55.64 ID:QEs6ayB80.net
Alfred Wegener Institute(AWI) は8日、南極のKing Baudoin Ice Shelfで直径2キロの巨大クレーターを発見したことを発表した。

AWIでは、クレーターに生じた浸食の跡や、南極にある他の観測ステーションで記録された地震計のデータなどを総合した結果、このクレーターは今から
10年前となる2004年に一軒家程の大きさを持つ巨大隕石が落下した結果、生じたものである可能性が強いとしている。

南極の場合、丸一面の雪原が広がっていることから、地球上の他の地域に比べて隕石の発見が容易という特徴をもっているが、近年落下した隕石によって
生じたとみられるここまで巨大なインパクトクレーターが発見されるということは極めて珍しい。

http://www.businessnewsline.com/news/201501121027360000.html