1: スリーパーホールド(新疆ウイグル自治区)@\(^o^)/:2016/05/06(金) 10:01:33.25 ID:ijhFTWuD0.net
【AFP=時事】中国南部で発見されたナナフシが、世界最長の昆虫として認定された。国営メディアが5日、伝えた。

 国営新華社(Xinhua)通信が、同国西部の昆虫博物館の話として伝えたところによると、
中国南部・広西チワン族自治区(Guangxi Zhuang Autonomous Region)で2年前に発見された、
体長62.4センチのナナフシは、これまでに知られている全80万7625種の昆虫の中で最長だという。

 これまで最長とされていた昆虫は、2008年にマレーシアで発見された全長56.7センチのナナフシだった。
このナナフシは現在、英ロンドン(London)の自然史博物館(Natural History Museum)に展示されている。

 新たに見つかったナナフシは、体長50センチほどで、胴回りが人差し指ほどの大きな昆虫がいるとの情報を入手した科学者が、
6年に及ぶ捜索の末にようやく発見・捕獲に成功したのだという。

 新華社通信は、「2014年8月16日の夜、広西の柳州(Liuzhou)にある標高1200メートルの山で昆虫採集をしている時、遠くに黒い影が現れた。
それはまるで木の枝のように見えた」「近づくと、体と同じくらいの長さの脚を持つ巨大な昆虫だと分かり、仰天した」と、この科学者の言葉を伝えた。

 ナナフシは、発見者を称えて「フリーガニストリア・チャイネンシス・ツァオ(Phryganistria chinensis Zhao)」と命名された。
また、この昆虫に関する研究論文が間もなく発表される予定だという。

 新華社通信によると、ナナフシは、これまでに3000種以上が見つかっているという。【翻訳編集】 AFPBB News

※ソースに画像
引用元 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160506-00000006-jij_afp-sctch