1: グロリア(兵庫県)@\(^o^)/:2015/12/02(水) 23:13:33.28 ID:ycjZjTM/0.net
熊本の製薬会社が国が承認した内容とは異なる方法で血液製剤を製造していた問題で、会社側は国の検査で不正が発覚しないよう、製造記録に紫外線をあてて変色させ、作成時期を古く見せかけるなど、数
々の隠ぺいを行っていたことが明らかになりました。
調査した第三者委員会は「重大な違法行為で常軌を逸した隠ぺい体質だ。問題の根幹は『少々ごまかしても大きな問題ではない』という、研究者のおごりだ」と厳しく指摘しています。
血液製剤の分野で国内シェアのおよそ3割を占める熊本市の製薬会社、「化血研」=「化学及血清療法研究所」は、国の承認を受けずに「ヘパリン」という血液を固まりにくくする成分を添加するなど、1
2種類の血液製剤のおよそ30の工程について、国が認めた内容とは異なる方法で製造していたことがわかっています。
会社では血液製剤とともに、子どもが接種する「4種混合ワクチン」などの出荷を自粛したうえで、第三者委員会で調査を進め、きょう厚生労働省の部会で調査結果が公表されました。
それによりますと、不正は40年ほど前に始まったほか、国の検査で不正が発覚しないよう、幹部の指示で数々の隠ぺいが行われていたことが明らかになりました。
具体的には、製造記録に紫外線をあてて変色させ、作成時期を古く見せかけていたほか、承認を受けずに勝手に添加した成分について出納記録の改ざんが行われていたということです。
さらに、本物の記録は明朝体、虚偽の記録はゴシック体と社内で使い分け、国などの検査の際にはゴシック体の記録を見せていたとしています。
厚生労働省によりますと、この問題で健康被害などは報告されていませんが、弁護士などで構成された第三者委員会は「重大な違法行為で常軌を逸した隠ぺい体質だ。
問題の根幹は『自分たちは専門家だ』とか『製造方法を改善しているのだから当局を少々ごまかしても大きな問題ではない』という、研究者のおごりだ」と厳しく指摘しています。
報告書の提出を受け、厚生労働省は長期間にわたって不正を繰り返し、組織ぐるみで隠ぺいを図ったと判断し、近く「化血研」に対し、立ち入り検査を行ったうえで、業務改善命令を出すことにしています

http://www3.nhk.or.jp/lnews/kumamoto/5003963211.html

1q

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151202/k10010327341000.html