1: ジャストフェイスロック(愛知県)@\(^o^)/:2016/03/28(月) 19:21:30.39 ID:NVLxm9aN0
「千葉時代」選定へ 現地調査
03月28日 18時18分

千葉県市原市にあるおよそ77万年前の地層が地球の歴史の一時期を代表する
地層として注目され、国際標準地に選ばれれば、地球の歴史の一時代にラテン語
で「千葉時代」を意味する「チバニアン」と名付けられる可能性が出ています。
国立極地研究所などのグループは国際学会に申請する資料を作成するため、28
日現地で最終的な調査を行いました。

調査が行われたのは、千葉県市原市の養老川沿いにあるおよそ77万年前の地層
で、国立極地研究所や茨城大学などのグループが岩石の採取を行いました。
これまでの調査で、この地層や周辺からは、およそ77万年前を境に、その前後で
地球の磁場、つまり地球の「N極」と「S極」が逆になっていることが、明確に読み取
れるということで、地球の歴史を調べる上で重要な地層として注目されています。

この時代の特徴が読み取れる地層としては、市原市のほかにイタリアに2か所あり
国際学会の「国際地質科学連合」は、早ければことし12月にも開く会議で、市原市
と、イタリアの2か所の、あわせて3か所の中から1か所を「国際標準地」の候補に
選ぶことにしています。

http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20160328/3974011.html